ツイ☆てる


ちょっとした事情で一人暮らしをすることになった主人公の引っ越した先は、可愛らしい姉妹?が経営する喫茶店の2Fだった!
何から何まで理想のヒロインとの出会いに舞い上がる主人公だったが実は彼女は『男の娘』だったのだ!
報われない恋と思いつつも、抑えきれないその気持ちに後押しされてヒロインにアタックする主人公だが…彼女達は、喫茶店の経営難に苛まれそれどころではない様子!?
そんななか、駄目押しとばかりに目の前にライバル店舗までオープンしてしまいてんやわんやの大騒ぎ!
果たして、主人公は喫茶店の危機を救い彼女?のハートを射止めることができるのか?


シナリオ・プレイ感
 居候先の喫茶店店長に一目ぼれしアタックするも、男の子でしたという話。
 ライターは武藤礼恵氏。

 ヒロインの2/3がショタという新ジャンルにも程がある作品ではあったものの、なかなかどうして意外にも出来はかなり良かった、というのがプレイしての正直な印象。
 えちぃシーンだけを繋げたネタゲーだろうとと思いきや、シナリオにも重点が置かれており、えちぃシーンが挿入されるようになるのは恋人になるまでの過程が描かれた後、中盤以降からになります。
 ですがシナリオに比重を置いたことによってえちぃの質が落ちることはなく、どちらも及第点以上のものに仕上げられてますね。

 メインとなるヒロイン(男)は見た目完全女の子で可愛らしく、作品全体でも男色といったイメージは希薄なので、結構すんなりとプレイできましたね。個人的にはそういうのは苦手ではあったものの、抵抗なくやれましたし。
 ヒロインの妹も別にお互いが良ければいいんじゃない? といったスタンスのため主人公の恋路に協力的で、雰囲気も概ねほのぼのとしています。
 主人公のノリも最初からクライマックスで面白かったですね。性的な意味含めて。洗濯機の中のパンツに欲情するわ、起こしに行って匂い嗅いだりキスしようとするわと基本ハイテンションですが一途ですし、喫茶店経営とか真面目にやってるしで好感持てました。

 プレイしていて気になったのは、エンディングの入り方がどれも唐突なこと、喫茶店設定を宙シナリオ以外でシナリオに上手く組み込んでいなかったことあたりでしょうか。
 特に宙エンドは心の底から『ねーよww』と思いました。愛の力で何とかなったってレベルじゃありません。

 エンディングは空エンド、海エンド、宙エンド、ハーレムエンドの4つ。
 選択肢は数えるほどしかないですし、特に詰まることはなかったですね。
 空と宙はそれぞれエンドを見るとはじめからでおまけのえちぃシーンが見れます。空に4つ、宙に3つと、えちぃ分を補完してますね。テーマ上仕方なかった気もしますが、海のも一つ二つあっても良かったような。
 ハーレムエンドは最後に見ましたが、尺が他のシーンとかけ離れてるくらいに多いので良い印象のまま終われましたね。

グラフィック
 原画家はみづきことら氏、シコルスキー氏、成沢空氏の3名。
 CGは全51枚、差分は3〜9枚といったところ。

 若干の炉っぽさはあったものの、全体的に可愛いらしいですね。おかげでそこまで男だと意識せずにやれました。
 服や下着の上からの盛り上がりなんかも力が入ってましたね。何の、とはご想像にお任せしますけど。

 ちょっと残念だったのは射精した後の精液描写がなかったことでしょうか。出したら終わりではなく、体にかかったところまでやって欲しかったですね。

サウンド・ボイス
 ボーカル曲は新堂真弓嬢の『ツいてて☆ラッキー』、BGMは全11曲。
 BGMはほとんどが明るい曲調のものですね。

 ボイスの方も3ヒロインとも特に問題はなかったですね。キャラに合っていましたし。
 ただ、『LikeLife』やったときにも思いましたが新堂真弓嬢はもう少し低い声音でもいい気はしましたね。

システム
 フルインストールで1.6G、ディスクレス起動不可。
 プレイしていて特に問題はありませんでしたね。メッセージウィンドウの色が原色の青でその上に白文字なのが少し見づらいかなと思った程度で。
 とりあえず、ディスクレス起動パッチ配布するくらいなら最初からディスクなしでできるようにしてくれてもと。

えちぃ
 シーン回想は全24シーン。内訳としては空:14、海:3、宙:6、ハーレム:1。
 9割方のシーンが男のってかつてあったでしょうか……。

 シチュとしてはフェラやコスプレ多めですね。あとは男性ヒロインということでヒロインのあれを愛撫したり、当然のごとくアナルでのものなど。
 質としては、かなり良い方でしたね。ひいき目抜きで。尺も十分あり、下手な実用重視のよりよっぽど上手くできてます。
 性に無知なヒロインをいやらしく開発していくシチュは背徳感があって大好きではあるんですが、よもやそれを男性ヒロインで感じることになろうとは……。
 女顔ではあるものの性格も服装も男性よりだったのが行為を重ねていくうちに少しづつ女の子よりになっていくのは結構くるものがあったりしましたね。

 ハーレムエンドがただ3人並べてそれぞれに挿入→全員にかけて、とかではなく、ひとりひとり順番に他ヒロインとも絡ませながらじっくりとっていうのは非常に好印象でしたね。
 ハーレムは1シーンのみですが、これだけで作品全体のえちぃシーンの割合をを少なからず取っているくらいに気合入りまくってます。何もそこまでしなくても。

≪気に入ってるシーン≫
ウェイトレス服を着た空への自慰の手ほどき/公園でフェラする空→お互いを擦り合わせる/観覧車内、女装しフェラする空への手コキ/女装した空との初アナル挿入/空エンド、ウェディングドレスを着た空へのアナル正上位/スク水着た空への手コキ→アナル後背位/空ローター責め→オナホール使わせたまま、アナル正上位/体操服を着た宙へ手コキしブルマの中で射精させ、さらに手コキ→アナル騎乗位/男子トイレ内、フェラしながら自慰する宙→立後背位でアナルに挿入されながら射精する宙/座りながらお互いに手コキ、射精した自分の精液を舐める宙→キスをしたままでの宙への手コキ→宙からの足コキ、アナル正上位/ハーレムエンド1、愛撫されながら空と海からフェラされる宙→後ろからアナルに挿れられ、空のものと性器を擦り合わせながら、二つ同時にフェラする海とシックスナインする宙/ハーレムエンド2、愛撫されながら空と宙へ手コキ+フェラする海、正上位で交わる海と空、興奮した空に挿入され、前と後ろから責められる海、秘所から流れる精液を空と宙に舐め取られる海/ハーレムエンド3、海にアナルを舐められ解される空、アナルで交わる空と宙、ディルドーを付けた海にアナル挿入される空、主人公にアナル挿入される空
※ハーレムエンドは実際ひとくくりになってますが書くには長すぎるので3つに分けました。

総評
 開発者の方々がショタ好きが十二分に発揮された作品。
 本当に意外なことに面白いので、興味があれば手を出すのもいいかもですね。

 07/12/03


もどる