タユタマ
-kiss on my deity-


──あなたと ひとつになるために 生まれてきました──

主人公・泉戸裕理は八衢神社の一人息子。バイクや自動車いじりが好きで、一級整備士か設計開発の仕事に就きたいと考えているが、実家である神社のことでも迷っていて、まだ明確な目標にはなっていない。定まらない将来に漠たる不安を抱きながらも、友人の河合アメリや要三九郎らと共に、創聖学院での学院生活を謳歌していた。
そんな彼が最上級生になる、春休みのこと。学院で行われていたグラウンド拡張工事の際、奇妙な遺跡が出土する。偶然その場に居合わせた裕理は一人、全く違う方向で遺跡に興味を抱く。実家の神社でしか見たことのなかった一風変わった文様が刻まれていたのだ。
八衢神社には「たゆたゆ様」と呼ばれる神様の伝説があった。それは周辺地域一帯の守護神だが、粗末に扱えばとんでもない災いをもたらすというもの。出土した遺跡にも「太転依(たゆたい)」と読める文字が彫り込まれている。さらに、遺跡一帯で飛び回る小さな小さな物の怪までも発見してしまう。
裕理、アメリ、三九郎は、出土した遺跡の扱いを間違えれば大変なことになるのではないかと危惧するも、神主の父親ですら迷信だと一蹴、担任教師や学院の理事なども取り合ってくれない。
やがて、遺跡に対する科学鑑定の末「学術的には無価値。」という結果が出る。破壊するか移転するかについての結論はいまだ検討の余地を残していたが、とにかく工事は続行されることになった。新学期の始まりまでにグラウンドの拡張工事は終了するというスケジュールは不変。
これに危機感を覚えた裕理は夜、アメリや三九郎と共にひそかに学院に忍び込み、御魂移しを行おうとする。仮に遺跡が破壊されようと何だろうと、そこに宿る神様には失礼のないようにという、神社の一人息子らしい裕理の発想だった。
しかしこの儀式によって、本当に神様らしきものが現れてしまう。その高貴な佇まいに威厳すら感じさせるそれは、古めかしい口調で裕理に滔々と語り始める。この地に封じられた、太転依(たゆたい)という物の怪たちの物語を──。
そして迎えた、始業式の日。あの夜、学校に忍び込んでいたことについて、フローレスの生徒会長・如月美冬に追及されながら、裕理は昨夜の不思議な出来事を気に掛けていた。そんな彼の前に、同じ年頃の女の子が現れる。戸惑う裕理に、彼女がいきなり言い放つ─―。
「さあ、五百年越しの夢を叶える時です!
 人間と太転依が共存できる新しい世の中を“私たち夫婦で”切り開きましょう!」
その彼女「ましろ」の登場により、風雲急を告げる裕理の学園生活。幼馴染のアメリは嫉妬で拗ねてごねまくり、三九郎は何の役にも立ってくれない。妹同然に育ったはずのゆみなには、ましろとの仲を誤解されて嫌われて、美冬には猜疑心満載の視線を向けられ追い掛け回される。そして当のましろは空気も読まずにベタベタしっぱなし。
彼女は一体何者なのか? そもそも太転依って何なんだ? 泉戸裕理の明日はどっちだ!


≪シナリオ・プレイ感≫
 突然現れた神様と一緒に太転衣(たゆたい)たちとの共存を目指していく話。
 ライターは史方千尋氏。

 萌木原ふみたけ氏原画は非常に良く描けていますし、シナリオを構成する素材も結構良いものが揃っていて、決して悪くはないと思えたんですが、プレイしていてあまり楽しくないというか、むしろ気分悪くなる方が強かったですね。素材自体は良いんですが、その料理方法が好かなかったというか、ライターの方の力量不足が強く感じられてしまって。



 まず挙げられるのは、シナリオ構成についての不満でしょうか。
 太転衣のボス格である三強を倒す、という展開がシナリオの軸となってくるんですが、その流れが各ヒロインのルート毎に三強それぞれをどの順番で倒していくかを変えて、その合間合間に入るシーンで各ヒロインの個別イベントを挿入するだけと、実際のところほとんどが共通シナリオと言って差し支えないという、かなり手抜きに感じられてしまうやり方で。
 このため、どのヒロインのシナリオにしろ、個々の個別シーンに差異はあるものの、それを構成するイベントの大部分は順番が違うというだけで展開は一緒ということになってしまっているんですよね。
 なので2周目以降のプレイにおいて前周ではなかった展開による新鮮さなんかがあまりなしに同じ展開を何度も見せられることになり、周回するのが苦痛に感じられてしまって。加えて同じ展開の癖に文章だけをいくらか変えて既読スキップ出来ないようにしているため、テンポも悪くしてしまっていました。



 で、シナリオの構成以上に痛かったのは、キャラに対して正直魅力を感じ辛いこと。キャラゲー色の強い作品でこれはかなり致命的でした。
 まず初めに自分の結論ありきなキャラばかりなんですよね、メイン、サブ問わずにキャラ全般に渡って。強引に自分の価値観を押し付けることがまず最初にあって、他人の意見を聞く気が端から存在しないのばかりというか。悪い意味で我が強過ぎて、自己中心的にしか見えなかったりで。
 メインヒロインでの例として、ましろなら難題を押し付ける際、自分の境遇を語って同情を引いた上で断る選択肢を選ばせないようにしたりとか、美冬なら散々に言われた直後の相手に対して『あー、あの人しょうがないよ視野狭窄だし』とか慰めておきながら自分も決め付けた上で諭したりとか。
 まあシナリオを進めていくうちに可愛いとか思える部分もそれなりにありはするんですが、初期に抱いた印象が尾を引いてしまって素直に感情移入するとかはしにくかったかな、と。

 別に、我が強いことは構わないんです。キャラの個性に繋がることですしね。何か譲れないものっていうのは当然に人それぞれ存在するものですから。
 ですけど、そういったような『魅力』へと昇華出来ていないんですよね、これの場合。
 本当に譲れないものとか、そういうのでもない些細なことだろうと全く聞く耳を持たずに真っ向から自分の意見以外は否定するのは単なる頑固者でしかないと思いますね。

 ……しかし、そういったキャラ勢の中にあって一際異彩を遺憾なく放ちまくってたのはやはり、幼なじみであるアメリでしたね。前評判の感じからある程度覚悟完了した上で手を出してはみたものの、常に喚き散らして自己中を振りかざしまくり、理由も無しに当然の如く暴力を振るいまくりと、見てて気分の悪くなるウザさでした。幼なじみという萌えゲとして非常に美味しいポジションになんでこういうのを据えるかなあ、と。登場キャラのほとんどから好意的に見られてない(というよりむしろ嫌われてる)ヒロインとか、ある意味貴重。
 徹頭徹尾身勝手が過ぎるんですよね、この女の行動原理は。誰にも何の相談も無しに自分の中だけで勝手に思い込んでそれに基づいて勝手に行動して、そのことでどんなに相手を傷つけようと、『ああするのが最善の行動だった』と勝手に自己完結して正当化し、悪びれもしないという。
 他人のことは一切考えず自分のことばかりで、常に物事を悪い方向に運びまくるばかりでと、見ててものっそいイライラさせられます。何か起きれば自分は悪くない、悪いのは他の人だ、責められれば泣けば許されると思ってる、悪意を向けた相手に直接謝ることなく自分の中で完結して以降気に病むこと全く無しという様には反吐が出ます。

 もう、それまで主人公と結婚の約束するほど親しい仲だったのに何の前触れも無く勝手な思い込みで一方的に数年間、交流のあったはずの主人公家族の葬式すらボイコットするくらいにシカトし続けてトラウマ背負わせた挙句、そんな仕打ちをしておきながらしれっと友達面出来る神経の図太さもありえないと思いますが、いくらなんでもそうした上で『ユウ(主人公)と付き合えるようなのは私しかいない』とガチで信じてるとか、どんだけ脳内お花畑満開なんですかって話ですよ。
 しかも終いには敵に主人公サイドの情報与えて有利な状況で襲撃させたりと、どうしようもありません。アメリ……獅子身中の虫めッ!
 というか、それをした理由が『太転衣と戦うために無茶な修行をすることになって傷付いていく主人公の身を案じて』というものなんですが、そうせざるを得なくなった事情を作り出したのが他ならぬこの女という時点で同情する気も失せますね。数年掛けてゆっくりと根回しした上で太転衣たちを世界に浸透させていくというましろの計画を間抜けなことでぶち壊しにして、結果主人公を危険な目に遭わせるはめにしたのはどこのどちら様でしたっけ?

 また、自身のシナリオでは作品で描かれる『太転衣と人間との共存』という題材すら台無しにしてますね。もうやだこの女。
 付き合いだした途端にそれまで共存路線だった主人公がいきなりそれをどうでもいいみたいなこと言い出してましろ絶望、他シナリオでは普通に仲が良いはずの美冬・鵺の関係もこじれた末に共存は無理という結論に至って太転衣全員封印されてもう戻ってこなくなりと、本当に何がしたいのか。



 前作から引き続き戦闘シーンもいくらか入ってくるんですが、こちらについても中途半端な印象でしたね。前作と比べ萌えゲ色が強くなっているからなのかは知りませんが、むしろかなり微妙といっていい出来。
 地の文での描写がほとんど無く、セリフと画面演出のみなせいもあり、とにかく盛り上がりません。戦闘シーン特有の燃えるような展開なんかも全く無く、気付いたら終わってることが多々で印象に残りませんでした。
 三強の更に上の存在みたいが出るとかのお約束展開とかも皆無ですし、シナリオ上でも面白みに欠けますね。そもそもその三強自体、放っておくと脅威になるというのがましろの思い込みによるもので実際は根の良いキャラとして扱われているので戦闘における敵キャラとしては弱いんですよね。どれにしろ和解して終わりと。

 というか、能力的にかなり強いはずなのに、主人公を全く役に立たせようとする気が感じられないのはどうかと思うんですが。何の為に厳しい修行受けさせたのかが素で意味不明でした。どの戦闘においても手も足も出せず、結局ヒロインの機転で勝利という役立たずっぷりを見せてくれます。
 ……もう、戦闘書く技量が無いなら素直に萌えゲーにしとけばと思うんですけどねー。無い方がマシなレベルですよこれなら。



 とりあえず、個人的にそう悪くなかったと思うのは義妹であるゆみなでしょうか。まあ些細なことですぐ泣きまくるのはちょっとあれだった気もしますが、基本我が強過ぎる連中の中にあって甲斐甲斐しく献身してくれ、傷付いた時に支えてくれる性格は貴重でした。エンディングもヒロイン中最も素直にハッピーエンドしてたと思いますしね。
 時点としては美冬あたりでしょうか。第一印象による頭の固さが尾を引いては来るもののピークは序盤のみですし、それさえ越えれば良いヒロインだったと思います。掴みとなるイベントが悪いことを実感させられますね。
 ましろは正直エンディングがなあ、と。あまりにも時間を経たせ過ぎな気が非常に。何百年、何千年ってレベルですし。目覚めたら他のキャラたちに見守られていて、とかそういうので良かった気もします。



 その他として気になった点としては、作中バイクなんかの専門用語が当然のように出てくるんですが、特に描写も無しにただ単語だけ並べられてもよく意味が分からないことが結構ありましたね。地味に不親切に感じられました。何がどうなっているのか想像出来ませんし。
 あと、プレイしていていやに某P3を思い浮かべることが。キャラのカットインとか!マークとかテレッテとか。というか、絶対意識してますよね、これ。

≪グラフィック≫
 原画家は萌木原ふみたけ氏。
 CGは全94枚(カットイン等除き)、差分は1〜4枚ほど。

 ヒロインの描き方も可愛らしく色使いも綺麗で、全体的に非常に上手く描けており、特に問題になるようなことも無かったですね。この作品において貴重な、手放しに褒められるポイントだったと思います。
 ……しかし、女性キャラと主人公を除く男性キャラのタッチが違いまくりなのはちょっと。テレッテはまだしも親父2人は世界観が全く違うんですが。

≪サウンド・ボイス≫
 ボーカル曲はOPで霜月はるか嬢の『こんな春の空を』とkicco嬢の『瞬間スプライン』、EDで霜月はるか嬢の『虹を見つけたような色で』と、各ヒロイン毎のキャラクターソング5曲の、全8曲。
 どの曲も結構良い感じの水準を保った良曲だったと思いますね。

 BGMは全29曲。ノリの良いアップテンポな曲調をメインに、落ち着いた曲調、シリアスな場面での曲調と各種揃っている感じです。ボーカル曲と同様に質も比較的高かったと思えましたね。

 ボイスの方はまあ、概ね特に問題なかったかと。多嘉山理事長を演じられてる方がちょっと下手だとは思ったものの、大体のキャラは合っていたかと。
 しかし最近若本御大のヴォイスをよく聞くなあ。

≪システム≫
 フルインストールで4.13G、ディスクレス起動可。
 必要になってくるようなものは概ね揃っていますし、特に不満なんかは無かったですね。ただ、画面演出などがちょっと重かったかな、とは思いました。

≪えちぃ≫
 シーン回想は全16シーン。内訳はましろ:4、アメリ:4、ゆみな:4、美冬:4。

 シチュとしては全シーン和姦ですね。基本的に主人公から責めるのが多く、たまに責められるのもあったりする感じです。
 プレイ内容としては愛撫、フェラ、手コキ、パイズリ、シックスナイン、自慰、各種体位といったところ。あと、設定を活かしてのロリ化やら分身しての擬似4Pとかありますね。ついでにアメリで拘束してのローター、バイブ、電マ責めとか。
 質については正直、微妙な感が強かったと思いますね。愛撫の描写が全体的にあまり無かったり、挿れたら挿れたで早漏気味だったりと味気なかったです。

≪総評≫
 CG、音楽の出来が良く、作品を構成する素材も悪くはないものの、キャラの魅せ方の微妙さや周回が非常にだるいシナリオ構成のために正直微妙な出来でしたね。プレイしていて楽しくありませんでした。
 とりあえず、原画目的とかそういうのでない限りは回避するのが無難な作品だと思います。

 08/07/19


感想・コメントなどありましたらどぞ。



もどる