DRE●M CLUB
〜深夜秘密奉仕〜


ピュアな心の持ち主だけが入店できる、会員制の大人の社交場、『ド○ームクラブ』。

一年前に偶然この店の会員カードを手に入れ、魅力的なホストガール達に惹かれ、この一年間ずっと通いつめていた。
そこで過ごすひとときは、まさに夢のような幸せな時間だった。

いかがでしょう、お客様。……新しいサービスを、お楽しみになられますか?

湧き上がる激しい興奮に肉棒を膨れ上げ、俺は指名した……。


≪シナリオ・プレイ感≫
 ライターは鷹羽シン氏。……よもや彼の名前をここで見ようとは。最初にライター情報見た時ナチュラルに噴き出しました。

 箱○で出されている『ドリームクラブ』を題材とした同人ゲーですね。
 シナリオとしては1年間クラブに通い詰めたことにより『とびきりピュアな会員』としての権利を得、それを使って好きなホストガールに通常とは違うサービスをさせていく、といった感じ。
 このサークルの作品ではいつものことですが、オープニングでどのヒロインを攻略するか決めたら後はえちぃシーンが連続していき、そのままルート分岐も無くエンディングまで直行という構成となっているため、シナリオ的な要素は皆無となってますね。まー別にそういう要素を求めるような作品ではありませんので特に問題では無いでしょう。
 ヒロインとなるホストガールは亜麻音、理穂、魅杏の3人。メディアとかでの露出具合を見るに無難なところなんでしょうか? ちなみに、条件を満たすことでおまけとしてアイリとのシチュを見られます。

 作品のメインとなるえちぃシーンは全体的に乱交色が強めとなってますね。特別な会員となった主人公へのサービスとして求められるままその要求に応じ、その様子を他の男達に見られながら全身を精液まみれにされて、と。
 セイバーフィッシュの作品はどの作品にも共通して輪姦シチュがメインとなってますが、今作の場合はシーン間の地の文ではいくらか描写されるもののそれ以外では輪姦は無く、主に責める権利を得た主人公により責められ挿入されながら、それを見る男達に身体をまさぐられ手コキやフェラで奉仕し精液で汚されていく……といった感じとなってます。
 また、そういったシチュが中心ではありますがヒロインは最初からそうしたサービスを行うことを受け入れている状態のため、凌辱色はほとんどありませんね。亜麻音と理保は最初から喜んで身体を捧げますし、唯一抵抗を見せる魅杏にしてもすぐに快感を覚えて口では強がりながらも従順になりますし。おまけに設定の割にヒロイン全員処女で最初から感じまくりですし。

 なので凌辱的なテイストを求めるんであればちょっとマイナスに感じるとは思いますが、そういう和姦乱交な作品だと割り切ってプレイする分にはコストパフォーマンスは良いですし楽しめるかと思います。
 原作付きということで各ヒロインのキャラ立てのためにその境遇や職業などのバックボーンなんかはなんぼか描写されますが、知らなくても特に気にならないレベルですし原作をやってないと楽しめないということは無かったですしね。ぶっちゃけ葉月も原作やってませんし。



 と、全体的にいつもながらの安定した出来でしたし、えちぃシーンオンリーで進む構成なため不満点が入る余地もほとんど無かったんですが、あえて気になった点を挙げると隠しヒロインであるアイリの扱いでしょうか。
 そらまああくまでオマケな扱いですしシーン数が少ないのは許容範囲内ではあるんですが、フェラが1シーンあるだけっていうのは流石に何のために出したのかと。せめて本番は入れるべきだったと思いますね。

 ……しかし、設定的にピュアな心を持つ人しか入れないクラブのはずにも関わらずヒロインに欲望を色々な意味でぶちまけまくってるんですが良いんでしょーかw

≪グラフィック≫
 それぞれのヒロインを担当される原画家は亜麻音がFCT氏、魅杏がCRUCCU氏、理保が野良ヒグマ氏。
 CGは全枚、内訳は亜麻音:、魅杏:、理保:、アイリ:。
 差分は〜枚ほど。

 ヒロインそれぞれ原画を担当されている方が違うため若干印象は違ってはいるものの、全体を通してそれほど大きな違和感も無く概ね安定した質を保たれていたと思いますね。可愛らしくありつつもムチムチとした肉感やそれにかかるどろどろとした精液の汁気など、良い感じに出てたかと。

≪サウンド・ボイス≫
 ボーカル曲は無く、BGMは音楽鑑賞が無いので数不明ですが少なめですね。
 BGMは暗めでアップテンポな曲調のものがメインでしょうか。質としては普通程度といったところ。

 あと、ボイスはここの作品では毎度のことですがありません。原作をやってるんであれば脳内補完も出来るんでしょうが。
 

≪システム≫
 フルインストールで175MB、ディスクレス起動可。
 プレイする上で必要になってくるようなものは大体揃っていますし、特に不満に思うようなことは無かったですね。
 しかし、シーン回想中に『Replay』の表示が出続けるのは正直ど〜かと思うんですが。

≪えちぃ≫
 シーン回想は全シーン。内訳は亜麻音:5、魅杏:5、理保:5、アイリ:1、ハーレム:1。

 シチュとしてはどのヒロインにも共通して特別な会員となった主人公の求めるままにサービスを行いつつ、それを見る他の男達に責められ奉仕し身体中を精液まみれにされての乱交がメインとなってますね。
 魅杏を除いてどのヒロインもそうしたサービスを行うことを最初から受け入れており嬉々として奉仕して来るため、全体的に凌辱色は薄く、和姦乱交といったテイストが強めです。

 プレイ内容は愛撫、フェラ、パイズリ、手コキ、各種体位、道具、アナルといったところ。概ねオーソドックスな感じでしょうか。全体的に命じられるままにヒロイン自身から奉仕させたりするようなのが多かったように思いましたね。
 ちなみに全シーン着衣を半脱ぎしてのものとなってますが、その服装はホストガール制服、水着、バニーガール服、チアガールコスといった感じとなってます。

≪気に入ってるシーン≫
亜麻音
主人公に命じられるまま手コキしながらのフェラ奉仕をさせられ、やり方を教わりながら嬉々としてその行為に耽り昂ぶらされ、口内に射精され絶頂しながら顔中を他の男達の精液で汚されていく亜麻音→絶頂に蕩けたまま主人公の身体の上にまたがらされ自分から挿入して処女喪失し、男達に見られながらの行為に快感を覚え昂ぶらされ、全身に精液をぶっかけられながら絶頂させられていく亜麻音/バニーガール服を着せられ、何人もの男に犯され開発された秘所に挿入され、身体を男達の精液で汚されながら絶頂させられる亜麻音→そのままアナルへと挿入され、その感覚に戸惑いながらも徐々に快楽を感じ全身にぶっかけられながら絶頂していく亜麻音/ステージの上に水着姿で立たされながらアナルに挿入され、それを見せつけながら男達に手コキ奉仕し全身を精液まみれにされ、絶頂させられていく亜麻音

魅杏

ホストガール制服をはだけさせられたまま主人公の身体の上にまたがらされ、抵抗しながらもそのまま処女を奪われその行為に快感を感じながら、それを見る男達により精液まみれにされながら絶頂させられていく魅杏→そのまま主人公にまたがらされながらフェラ奉仕をするよう命じられ、嫌がりながらもその刺激に昂ぶらされ、口に出された精液を飲み込みながら絶頂させられた後、それを見る男達に顔中を精液まみれにされて蕩かされ、自分から夢中でフェラに耽っていく魅杏/チアガールコスをさせられたまま男達に押さえつけられバイブで責められながらイラマチオで口を犯され、その刺激に興奮しながら全身を精液まみれにされ絶頂させられていく魅杏/精液まみれにされたまま秘所を犯され、口では抵抗しながらも徐々に快楽に溺れていき、主人公からの命令を建前にそれを認め中に出されながら男達に更にぶっかけられていく魅杏→更に命令され、素直に快楽を求めるメスネコを演じされられ自分からねだりながらアナルに挿入され男達に全身を精液で汚されながら絶頂させられていく魅杏/水着姿のまま四つんばいになり、淫乱なメスネコを演じながら貪欲に快楽を求めアナルを犯され男達にぶっかけられながら絶頂していく魅杏

理保
キスで昂ぶらされた後、嬉々として胸に挟みこんでのパイズリ奉仕を行い、その刺激に快楽を覚えそれを見る男達の精液で顔や胸を汚されながら絶頂していく理保→そのまま騎乗位でまたがり自分から挿入して処女喪失、自分で動きながらの行為の快感に夢中になりながら何度も出され更に男達により全身を精液まみれにされていく理保/ナース服を着、それになりきりながら検査と称して患者である主人公に積極的にフェラ奉仕を行い、そのまま男達に責められそれにも奉仕しながら顔中を精液で汚され絶頂していく理保/水着姿のまま、秘所に挿入されアナルをバイブで責められながら乳首舐め奉仕をさせられ、その奉仕に夢中になりながら性奴隷アイドルとしてそれを見る男達に全身を精液まみれにされていく理保


≪総評≫
 全体的に安定して良質を保った乱交モノ。内容に対して1500円とコストパフォーマンスは非常に良いですし、原作キャラが男達の欲望で汚されていくのが大丈夫なんであればかなり楽しめる作品だと思います。

 10/02/17


感想・コメントなどありましたらどぞ。



もどる