処女のシモベくん♪


僕の名前は香坂伸之。
学校では基本的に「コーサカ」って呼ばれてるけど、中学が同じだった友達からは、冗談で「センゴク」と呼ばれることもある。
由来は戦国時代の有名な武将かららしいけど、正直少しも嬉しくない。だって全然似合ってない。
僕こと香坂伸之が武田家家臣の城持ち武将のイメージとはほど遠いことくらい、自分でもよく分かっている。
体も小さいし、運動もあまり得意じゃない。成績もいまいち伸び悩み中。来年は受験なのに。

「のぶゆき、伸之……」
「取り柄といえば動物の世話をするのが少し得意なくらいで。
 馬は好きだけど乗れないし……」

馬には触ったこともないので、その点でもやっぱり武将失格だ(戦国武将は馬に乗れないといけないイメージがある)。

「伸之……?」
「だいたい、そもそも武将の方の香坂は、正しくは…」
「ねえ、さっきからなにぶつぶつ言ってんの伸之?」

幼馴染の伊丹遥歩が僕の顔を怪訝そうな表情で覗き込む。
ええい、遥歩! 今は考え中なんだ邪魔をしないでくれ。

「香坂くん、大丈夫? ……薬の用量、間違えちゃったかしら」

翠川グループ令嬢、やわらかそう、どこもかしこもでお馴染みの翠川優那先輩が僕にそう言って微笑みかける。

「あははノブくん、ぼーっとしてんなよ! 全裸で」

楽しそうに笑っているのは一条七々織先輩。スポーツ万能、抜群の行動力とリーダーシップで生徒会を引っ張る学園の名物会長。

「武将の方は正しくは『香坂』じゃなくって『高坂』らしいって
 わああっ全裸で――!?
 どうしてこんな事になってるんだあ?!」

説明しないといけない。今僕はベッドの上に仰向けになり、両手両足を太い縄で縛り付けられている。図解するとこうだ。

 |\◎/ |●
      ●  |   全裸で。
         ●|/\|●   …ひどい!

どうしてそんな事になっているかというと、目が覚めらこうなっていた……ほっ、本当に訳が分からない!

「そ、そうだ、合宿っ。みんなで合宿に来て……
 それからええと……ええっ? なんで縄っ!?」

僕の青春の1ページ、思い出の生徒会夏合宿は始まったばかりだった……!


≪シナリオ・プレイ感≫
 生徒会の夏合宿、生徒会長の発案した『この夏ロストバージンしちゃうぞ』計画に巻き込まれてしまう話。
 ライターは松本竜氏、フレーム氏、ZEQU氏。よもやZEQU氏の名前をこういうので見ることになるとは思ってませんでした。……触手なんかはありませんよ? 一切。
 
 流れとしては、プレイ期間である4日間(1日目はオープニングで終わるので、実質3日間)の大部分が共通シナリオで構成されており、その途中でどのヒロインを選ぶかの選択肢による個別イベントが挿入されていく形ですね。
 で、その間、恥ずかしい写真を撮られてそれを盾にされてしまい、ヒロインたちのシモベとして過ごすことになります。
 期間が短めなためか、えちぃシーンの密度がかなり濃い目ですね。ヒロインたち共有のシモベということで、共通シナリオとして日中必ず1回は各ヒロインとのシーンが入ってきますね。

 ヒロインからはシモベ扱いされるものの、見下されたような感じでは全く無いのはありがたかったですね。あくまで明るめに、仲の良い相手が他の相手へとそうするような、主人公とえっちぃことするための口実のようなもののため、プレイしていてやり辛く感じるようなことは無かったです。

 各ヒロインの個性付けも好意だだ漏れなツンデレ、耳年間な奥手でうぶなM、おっとりな淫乱とはっきりとしており、それを上手く活かしていますね。えちぃシーンでもそうですが、合間合間の日常シーンでもそれが崩されることがないため、見ていて結構楽しめました。
 主人公も最初の方こそヒロインの方から攻められること多めですが、序盤過ぎた辺りからは状況に順応して積極的に主導権握るようになりますね。まあ、合宿日数は短いですしあまり引きづられても萎えますのでこれで良かったかなと。

 個人的に好きだったのは、幼なじみの遥歩。
 シナリオ面は特に掘り下げられていない作品でしたが、エピローグが他2人よりも長かったりと、扱いとしてはメインヒロインですね、多分。
 結構主人公が攻めるのが多い七々織、優那に対して彼女のシーンは彼女の方から攻めるものがほとんどなんですが、その理由が主人公のことを気持ち良くさせてあげたいっていうもので、テキストやセリフでもその健気さを全面的に押し出してくるものですから可愛く思えて仕方ありませんでした。

 エンドは遥歩、七々織、優那の各ヒロインに1つづつと、バッドエンドが1つの、全4つ。
 フォルダ内のメモ帳に攻略情報が書かれていますし、別に無くても数回の選択肢でエンディングに行きたいヒロインを選び続けてればクリア出来ますので簡単ですね。あってもおかしくないだけに、ハーレムエンドが無いのが残念ではありました。

 しかし、ZEQU氏が関わってるのに誤字脱字の類が一切無いとは……葉月は夢でも見てるんでしょうか。いや、無い方が当たり前なんですけどね?
 ……デバッグの差ですかねー、やっぱり。

≪グラフィック≫
 原画家はりゅうき夕海氏。去年出された『あねパラ』、楽しませて頂きました。
 CGは全38枚、差分は1〜5枚程度。

 正面から以外の角度の際たまに微妙になるときがあったりしましたが、全体的に可愛らしく、肉質や汁気を兼ね備えているように思えました。
 快感に蕩ける表情の描き方もかなり好みでしたね。やっぱりそこは本職ってところでしょうか。
 あと、前のシーンで顔なんかに出された精液がそれ以降に続くシーンでもずっと残り続けてるのは好印象でした。

≪サウンド・ボイス≫
 ボーカル曲は無く、音楽鑑賞が無いのでBGMも数不明。とりあえずいつも通り、そんなに数は多くないですね。
 BGMは明るめな曲調のものと、えちぃシーンでの落ち着いた曲調のものがメイン。出来としては普通ぐらいですね。

 ボイスの方は桜川未央嬢、織田マリ嬢、青川ナガレ嬢と、どなたも上手く演じられてますね。ヒロインのキャラにも合っていたかと思います。

≪システム≫
 ダウンロード容量は430MB。
 いつものことなんですが、スキップが遅めなのが難点ですね。大半が共通シナリオな構成上、2周目以降スキップする機会は多くなるので、そういうところは不便に感じられました。

≪えちぃ≫
 シーン回想は全23シーン。内訳としては遥歩:8、七々織:6、優那:7、複数:2。

 シチュとしてはキス、愛撫、フェラ、パイズリ、アナルとオーソドックスなの中心ですね。かといって単調にはならず、バリエーションも結構ありますので退屈することは無かったです。尺もそれなりにありますね。
 
 序盤の方では主人公に対して無理矢理、というのがいくつかありますが、ほとんどのものは甘めな和姦ですね。自分たちから決めたこともあり、ヒロインの方からも積極的に求めてきたりで。会長の場合は実際に行為に及ぶ際はうぶだったりするので主人公S化してますね。

 全体的にヒロインの個性がテキストやセリフで上手く出せているため、見ていて面白かったですね。
 傾向としては、遥歩は好意を前面に押し出した彼女の方からの攻め、七々織はM性強めな彼女をリードしてのプチSM、優那はアナルや野外といったアブノーマルといった感じで、ヒロイン毎に住み分けが出来ていました。

≪気に入ってるシーン≫
遥歩

オナホールで主人公を責める遥歩→正常位/主人公に自分の着ていた水着を履かせ、そのまま懸命にフェラする遥歩/生徒会室での騎乗位、出された精液を咀嚼して飲み干す遥歩/抱き締められ、お尻を揉まれながらディープキスする遥歩/何度も外出しされて焦らされた末、中出しで絶頂する遥歩/結婚を約束しながらの遥歩との正常位

七々織
シックスナインでパイズリフェラ、失禁しながら絶頂する七々織/真夜中、別荘廊下で水着を着せられてフェラさせられる七々緒→立後背位で挿入、お掃除フェラする七々織/メイド服を着て手錠を掛けられ、優那・七々緒の前で騎乗位する七々織→2人に見せ付けながらの背面座位/ネコミミを付け、(主人公の命令で)足コキで責める七々緒→首輪をはめられ、後ろから責められる七々緒

優那
日焼け止めを塗りたくられながら胸を揉みしだかれ、陥没乳首をほじくられる優那/未亡人として犯されるというイメージプレイ、自慰からの側位、アナル挿入/山の中、お互いに全裸での野外での立位/体操服を着たまま、何日も風呂に入らずにいた体臭を嗅ぎながらパイズリ、陥没乳首を勃起させて母乳を噴出す優那→ビデオに撮られながら、まんぐり返しでアナル挿入される優那

複数
遥歩・優那からのWパイズリ→遥歩処女喪失/騎乗位での優那処女喪失、嫉妬して手コキする遥歩/

≪総評≫
 短めながら、キャラの個性を上手く活かした良作ですね。シモベという字面からはM寄りなのを想像していましたがそんなことはなく、普通にやりやすかったですね。
 ネガティブな部分は一切無く、かつえちぃのシチュもなかなか濃いという、良質な和姦モノでした。

 08/03/11


もどる