赫炎のインガノック
-What a beautiful people-


“──誰かが夢見た世界。
──いつか夢見た世界。
──けれど、こんなにも猥雑で、残酷で、憂いに満ちて。
──眩しいほどに輝いて。”

異形都市インガノック。積層型巨大構造体から成る完全環境都市(アーコロジー)であったそこは、10年前に発生した《復活》ですべてが歪んでしまった。人も、木々も、機関(エンジン)の排煙による灰色に満ちた大空さえも。ひとつだけであったはずの太陽は、ふたつになって。
恐るべき幻想生物たちが姿を顕し、都市を豊かたらしめる蒸気機械文明さえもが、歪み、時に異形と化して人々を襲った。かろうじて変異を免れたのは、貴族の住まう都市上層のみ。インガノックのごく僅か。
100万を超すと言われる人口が密集する都市下層は、今日も、地上に存在しえないはずの異形と奇病、異常なまでに発達した暴力的な機関技術が満ちあふれて。歪んだ空から発生した無限の霧は、都市を完全に孤立させた。
孤立都市にして、異形都市。インガノック。

巡回医師ギーは、今日も都市を歩く。
弱者絶滅を謳う上層貴族の定めた“死の都市法”を無視し、歩き続け、下層の人々を診療し続ける。昨日も、今日も、明日も。
両手からこぼれ落ちていく無数の命を見つめて。
10年前に失ったものが、一体何であるのかを確かめるように、歩き続けた。

──そして、出会う。
──ふたりに。

ひとりは、少女。インガノックの混沌をまるで知らない、黒の少女。
その名はキーア。人が忘れた“笑顔”を絶やさぬ娘。

もうひとりは、影。すべての幻想を失った都市において唯一語られる、“おとぎ話”の登場人物。すなわち、万色に変化する鋼の人影。
その名は《奇械》。
人ならざる鋼の影。
異形を砕く刃の手。
人に“美しいもの”をもたらす、インガノックただひとつの希望──


シナリオ・プレイ感
 崩壊し多くのものが歪みその形を異形のものとした都市インガノックを舞台にした、狂気と優しさとに彩られたおとぎ話。
 『人』が『人』でなくなっていく世界で、『人』として救いの手を差し伸べる、ひとりの医者の物語。
 ライターは桜井光女史。

 常に太陽は黒煙に覆われ、しとしとと雨が降り注ぎ、人々を容赦することなく間引いていく都市法が制定され、多くの人々の体はおとぎ話にでも出てくるようなものへと変異し、薬物が蔓延し、子供にすら重労働が課せられ、人を排除する存在クリッターが存在する……そんな歪んで暗い世界観の中で物語は進んでいきますが、落ち着いた音楽と、詩を紡ぐように淡々としたリズムを持った独特な雰囲気の文章のためか、すんなりとプレイできました。

 戦闘シーンについても今まで触れたことのないタイプのものでしたね。戦闘展開がほとんど、というか9割方同じです。
 敵からの攻撃→……遅い→敵、うなり声を上げる→……喚くな→一撃必殺、といったのが例外なく当てはまります。マンネリとも取れますが、ヒーロー物でのラスト5分よろしくそれほど悪い印象は受けなかったですね。言ってみれば様式美。さんざ強敵扱いされてたレムル=レムルですらその型にはまってたときには正直笑いましたが。まあ、そのために最終戦近くでそのパターンが破られたのには驚いたりも。

 作品全体を通して貫かれるテーマは、『手を伸ばすこと』、でしょうか。
 病に冒された患者のために、誰かを救おうとするために、何かを得ようとするために、その手を差し伸べること。
 それはきっと、人にできる尊い行為のひとつで。

 物語は1話につき1、2時間ほどで、一本道の全12章からなります。
 各話毎に幕間にて登場人物の独白や都市についての情報が見れるパートがありますが、おそらくクリア自体には関係してこないため、基本的には読み進めていくだけですね。
 とりあえず毎回全員分のを聞いてから進めていましたが、エンドが一つであるならそれによっての分岐はないでしょうし。
 一応毎話最後に選択肢はあるにはありますが、正解である選択肢は常に同じであるため迷うことはないでしょう。手を伸ばすことさえ忘れなければクリアすること自体はできます。

 ですが、最後まで進めても完全には物語全ての真相は明かされません。
 10年前に起きた≪復活≫が何故起きたのか、≪クリッター≫と≪奇械≫とは何だったのか……といった、完全には語られなかった内容がプレイし終わった今となってもまだ尾を引きますね。
 ただ、語られなかったことに対しての不満はそれほどは感じられず、むしろその謎を、シナリオの中で述べられたこと、登場人物たちの言葉、幕間においての独白やインガノックにまつわる記録の端々にパズルのピースのように散りばめられたヒント思考を巡らせ、推理していく楽しさがありました。

 主人公ギー自身、最初から最後までほぼ一貫して医者として理念で動いているため、別に真相を求めて動いていたわけではないですし、そのために余分な部分がなく、さくさくとプレイできるんですが、語られなかったことについてプレイヤー自身の想像の余地と取るか説明不足と取るかでかなり評価は分かれそう、っていうのは否定できませんね。
 波長が合ってさえいれば十分楽しめると思うんですが、合わない人にはとことん合わないだろうな、と。
 葉月自身は概ね前者ではありますが、それでもやっぱりもうちょっと描写して欲しかったなと思ったのは何度かありましたし。終盤でのイルとケルカンの辺りとか。
 あと、くろぎぬの子は一体何だったのか、っていうのが正直掴めなかったり。1話限りで退場でしたし。その話の冒頭で出た人魚姫の話は関係してそうですけど。

 物語の中で出会ってきた登場人物たちの後日談などは語られずじまいでしたし、ファンディスクが出るのに淡い期待を持ってしまいますね。
 くろぎぬの子やドロシーなどは1話限りでしたし、何よりアティの救済をして欲しいですねー……11章でのあれは直前のシーンと相まってかなり切ないものでしたし。

グラフィック
 原画家は大石竜子氏(女史?)。
 CGは全57枚、差分は2、3枚程。

 テキストと同じく、独特な雰囲気を纏っていますね。別段に抜きん出た技巧、というわけではないですけれど、荒削りでありながらも、線のはっきりとしている絵柄。暗めな空気をほのかに照らすような、そんな印象を受ける絵柄。
 また、≪クリッター≫や≪奇械≫のデザインも幻想的な感じでよかったですね。というか、真ポルシオンは傍から見たら完全に敵サイドなビジュアルだと思ったり。

サウンド・ボイス
 ボーカル曲はRita嬢でOP曲『Adenium』、ED曲『IKOVE』の2曲。
 どちらも落ち着いた曲調ながら、味のある曲でしたね。『IKOVE』は寂寥感の残るエンドに見事にマッチしていたと思います。
 BGMは全16曲。こちらもまた、どこか影のある緩やかな曲調のが多めですね。ですが盛り上げるところだったり、ほのぼのとしたところだったりではきっちりとその雰囲気をフォローしています。気に入ってるのは『悲しみ/窮地、絶望』、『戦闘/力の顕現』、『戦闘/無限舞踏』あたり。

 ボイスはパートボイスですね。要所要所で入るため、さほど気にはなりませんでした。青山ゆかり嬢なんかはルアハの無感情でありながら、感情を込めなければいけないという難しい役どころを上手くできてましたね。
 ちょっと不満があるとすれば、ギーとケルカンのボイスはもうちょっと欲しかったかな、とか。
 ギーなど、本当に『……遅い』、『……喚くな』、『だがどうやら、鋼の彼は……』とかしかないですし。比喩抜きで。途中退場な公爵のが多いくらいですしね。エンディングでの会話含めても。

システム
 フルインストールで1.6G、ディスクレス起動可。

 プレイする上で不自由することは特にありませんでしたね。ホイールで読み進められない、といった程度。
 章の冒頭⇔幕間、幕間⇔章終了までの早送り、巻き戻しができたりするあたりは読み返したりする際便利でした。

えちぃ
 シーン回想は全11シーン。
 実質的にはほぼ3シーンぐらいですね。実際に本番に及んでいるのはアティとのシーンが2回と、娼婦として客を取っているマグダルでの1回と。
 残りはシナリオ途中での一場面だったり、最終局面だったり、エンディングだったり。
 一応ギーとキーア、ケルカンとルアハでのシーンがあるっちゃありますが、それにしたってただ胸を触るだけだったり抱き寄せたりするだけのものですので、あまり期待するようなものではありません。
 あくまで物語の味付け、という位置付けです。

 ……というか、単に乳首が出てるから、っていう理由で入ってる気が少なからず。そうでないと何でミラン=ガガール登場シーンの数十クリック分だけのシーンが入ってるのか説明付きませんし。
 なぜか『ミラン=ガガールであるのです!』とかいう野月まひる嬢ボイスが頭から離れませんけども。

総評
 物語の真相は全て包み隠さずに明かしてほしい、という方にはちょっと合わないかもしれませんが、そうでなければ凝られた世界観と文章の雰囲気にのめりこめる、そんな作品。
 体験版をやってみて波長が合えば後悔する出来ではないと思います。


もどる