魔物娘たちとの楽園
〜スライム&スキュラ〜


人間と魔物が互いに手を取り合い生きるようになって早10年。
いまだ根強い反発はあるものの、世の中はようやく得た安息に感謝し、人間と魔物は平和に暮らしていた。

「ふ、良い……やはり海は良い……」  「「「へい船長!」」」
そんな平和な時代に大変似つかわしくない船が一隻、ゆっくりのんびりと海を進んでいた。
船首に足をかけ海を眺めている青年こそ、海の彼方にある宝物目指して、時代遅れ感漂う海賊業に身を費やす主人公、アヴェス・ノース・デーンその人である。
などと悦に浸っていたアヴェスは、雲行きが怪しくなってきたことを察知する。
「これは嵐になる……準備をしないと、せっかく自分を慕って付いてきてくれた子分どもを失うかも知れない……」 そう思い、急いで船倉へと足を向ける。
しかし、ああ……なんという運命のイタズラか……アヴェスは足を滑らせ海へと真っ逆さま!

「「「せ、せんちょーー!!」」」  「ぶわっ、おまえら助けろっ!」
「「「無理です。あっしら誰一人泳げるヤツいねぇんでさぁ!」」」  「なっ、なにぃぃぃっっ!!?」
「「「大丈夫! 船長なら生き残れるはずでさぁ!」」」  「おまえらっ……帰ったら覚えておけよぉぉぉぉっっ!!」
波に流され飲み込まれ……薄情な子分を恨みつつ、アヴェスは意識を失った。

目が覚めると、そこは見慣れぬ砂浜だった。そして自分の顔を覗き込む少女が2名。
その姿を見て魔物だと知るが、助けてくれたことに対して礼をしながら、紳士の嗜みとして少女たちを口説き始める。
しかし、アヴェスの口説きなど意に介さず、その格好を見て目を輝かせるスライム娘ライム。
「その姿は紛れもなく、あたしが憧れている海賊そのもの! 人間! いいえ、お頭っ! あたしを立派な海の女にしてちょうだい!」  「はい?」
そんなライムを見て表情こそ変わらないものの、疲れ切った溜息をもらすスキュラ娘ラキス。
「はぁ……お嬢様がそう仰るなら、わたしもお仕えすることになるのでしょうね……まぁ、バカっぽいですし異論はありません」  「いや、ちょっと……?」

あれよあれよという間に決定していく事柄に、頭の処理が追い付かないアヴェス。
しかし、流れ着いた場所が “辿り着いた者は、世界で最も大切となる宝物を手に入れる” という言い伝えがある伝説の島だと知ると、急速に頭が回転していく。
「ふっ、ふふっ……その宝物、手に入れさえすれば、くくくくっ……!」
「お、お頭……? どったの、急に笑い出して……壊れちゃった?」
「ご主人様……可哀想に、わたしたちの話を聞いたショックで、大事なところが壊れてしまったのでしょう……」

俄然やる気になるアヴェスに、パチクリするライムとラキス。
理由はどうあれ、三人の生活はこうして唐突に始まったのだった……はてさてどうなることやら……


≪シナリオ・プレイ感≫
 嵐に遭い漂流した島での魔物娘な少女達との交流を描いた話。
 ライターは影花氏、亮精類氏の2名。

 作品としてはこれまでのシリーズ同様、魔物娘であるヒロイン達との交流を通じてのえちぃシーンに重点を置いた和姦モノ、といった感じですね。嵐によって漂流し流れ着いた島で同じく漂流していたスライムとスキュラの少女達と出会い、彼女らと生活を共にしていく内にそういうことをする関係となっていき……というのがシナリオの主な流れでしょうか。
 作品全体を通してヒロイン達と過ごす日常での描写を中心にしつつえちぃシーンを展開させていく、といった構成となっており、ヒロイン達の個性付けとなる描写にかなりの割合が割かれていることもあってシナリオ性はそれほど強くはないですね。ヒロインの個別ルート終盤ではそれぞれの抱える事情なんかが描かれはするものの、基本まったりとしたシナリオのアクセント、といった程度ですし。まあヒロイン達との生活を楽しむ作品だと思いますし、特に悪くは無いでしょう。

 ですけど、そうした日常での描写が多めなため、それを通してのそれぞれのヒロインの魅力、といった部分は良く描かれていたと思いますね。
 スライムのライムは本気でうざったくならない程度にうざ可愛らしさが出ていてムダに元気なロリ版と妖艶な大人版とメリハリが利いており、スキュラのラキスは序盤からしばらく人を食ったように振舞っていたのが恋人になってからは好意を隠さず接してくるようになってと、どちらのヒロインにしても可愛いと思えましたね。
 私的には特に好みだったのはラキスでしょうか。人を食ったように振る舞い毒舌吐きまくり、えちぃシーンも魔物として精を奪うため主人公を翻弄する形で責めて行くものとなっていたのが、主人公に好意を抱くようになってからは初々しく振舞うようになって、というギャップはベタながら良かったですね。メインはライムでラキスはサブヒロイン程度かと思っていたものの、実際はどちらもメイン格だったのは嬉しいところでした。……しかし、よもや下半身タコ足なヒロインに萌えることになろうとは思いませんでした。



 メインであるえちぃシーンは作品全体を通してヒロインが魔物娘ということを活かしたものとなっていますね。スライムであるライムはそのとろける身体を主人公の身体にまとわりつかせたり分身しての奉仕だったり、スキュラであるラキスは下半身のタコ足を主人公に巻きつけて弄りながらのものだったりと。やってること自体は人間相手だったら割とオーソドックスなものとなっているんですが、ヒロインが魔物娘なため妙にアブノーマルに見えてしまいますね。
 
 また、全体的に主人公が受けに回るものがかなりの割合を占めてますね。大人ライムとラキスは積極的に翻弄するように主人公を攻め、ロリライムは積極的に奉仕して、といった感じで。とはいえ、ヒロイン完全上位のMシチュとまでは行かないテイストとなっているため、そういったMシチュが苦手な方にも割りかしやりやすいものだったように思います。

 日常面での描写の描写のために序盤でのいくらかの間はえちぃシーンが入ってこず、微妙に焦らされるところはあったものの、それによってシーンも引き立っていると思えましたね。シーン数もそれなりにありますし、悪くない出来だったと思います。



 ……と、個人的には概ね好印象な作品だったように思いますね。シナリオ性は少なめなものの、ヒロインは可愛らしく、彼女らと過ごす日常や魔物なことを活かしたえちぃシーンと楽しめました。
 ヒロインが魔物娘という設定・見た目ともに完全に人外なのを受け入れられるかどうかが最大の関門ですが、そこを許容出来るんであれば萌え和姦ゲーとしては割と良作だったと思います。

≪グラフィック≫
 原画家はぶぶづけ氏、蚊野人氏。
 CGは全枚、内訳はライム:20、ラキス:20、複数:4。
 差分は2〜10枚ほど。

 特筆すべき点、といった部分はやや薄いものの、どちらのヒロインも可愛らしく描けていたと思いますし、全体を通して安定した出来となっていて悪くはなかったですね。魔物っぽさも上手く表現出来ていたと思いますし。
 淡めな塗りはスライムのぷにぷにとした質感を出すには少し弱かったと思いますが、スキュラのタコ足には合っていたと思いますし一長一短でしょうか。和姦モノであまり生々しい触手描かれるのもアレですし。

≪サウンド・ボイス≫
 ボーカル曲は無く、BGMは音楽鑑賞が無いので曲数不明。
 BGMは全体的に明るめな、ほのぼのとした曲調のもの、落ち着いた曲調のものが多めだったように思いますね。

 ボイスについても特には問題ないでしょう。どちらも高めな声音ですし、ラキスあたりはもう少し低めなのでも良かったかもとは思いましたが、概ねキャラにも合っていたかと思います。

≪システム≫
 フルインストールで1.25G、ディスクレス起動可。

 プレイする上で必要になるようなものはほぼ揃っていたと思いますし、特に気になることは無かったですね。強いて挙げるとクイックセーブしたデータをタイトルからロード出来ないのがちょっと不便に感じた程度でしょうか。

≪えちぃ≫
 シーン回想は全26シーン。内訳はライム:11、ラキス:12、ハーレム:3。
 ライムのシーンではロリ版と大人版、分身した状態での複数プレイがあるものの、実質彼女

 シチュとしては凌辱的な要素はなく、概ね和姦がメインですね。ライム、ラキスとそれぞれ序盤はヒロインの方から押し倒され、成り行きに流される形でのものが多めですが、基本的には双方同意の下でのものとなっています。
 ヒロインの方から積極的に攻め、奉仕していくような傾向が全体を通してかなり強く、どちらかというと主人公が受けに回るようなのが多めでしょうか。ですが、完全にヒロイン上位のMシチュ、というほどでもない和姦の延長線上でのものとなっていますので、そういうM的なのが苦手でもやりやすかったと思いますね。

 プレイ内容としてはキス、愛撫、フェラ、手コキ、足コキ、自慰、各種体位、アナル、といったところ。まー概ね和姦モノとしてはオーソドックスなものとなってはいるんですが、ヒロインが魔物娘ということもあって妙にアブノーマルなように見えますね。愛撫にしてもスライムの溶ける身体やスキュラのタコ足を絡めたりと。何気にニプルファックとかありますが、スライムなので比喩抜きに身体突き破って挿入しても問題なかったりですし。

≪気に入ってるシーン≫
ライム
主人公を押し倒し、身体を押し付けながらパイズリ攻めした後、そのまま身体の中に挿入され射精されていく大人ライム→騎乗位で上になり、主人公のものを秘所に擦りつけお互いに昂ぶった後挿入され、体内の核を突かれ射精され絶頂していく大人ライム/2体に分裂してお互いの身体を主人公にまとわりつかせ、一方は抱きかかえられキスされながら挿入され、もう一方は主人公のものとアナルを指と舌で弄っていくロリライム/うつ伏せになって下着をはだけ見せ付けた後、主人公のものに溶けた身体をまとわりつかせながら挿入され、そのまま何度も射精させていく大人ライム/横になった主人公に交互にフェラ奉仕した後、同時にフェラで攻めて射精させていくロリライムと大人ライム→お互いの身体で主人公を挟み、下半身を合体させて主人公を包み込みながら挿入され、その行為に射精され絶頂していく2人のライム

ラキス
主人公を押し倒してタコ足でその視界を閉ざし、そのまま言葉で焦らし、ものに絡めたタコ足を自身の秘所だと思い込ませながら攻めて射精させていくラキス/主人公の身体にタコ足を絡め、舌と足でその身体を愛撫した後、愛撫に昂ぶったものにタコ足を絡め射精させていくラキス→騎乗位で主人公の上に乗り、処女を奪われる緊張をキスで解された後に挿入され処女を奪われ、キスをしながらの行為に絶頂していくラキス/足の間にひざまづき、出されたそれを手コキしながらフェラし射精させ、精液にまみれたそれに更に奉仕を続け射精させていくラキス/膝の上に乗せられ抱きしめられ、胸を弄られながらタコ足で主人公のものを攻めお互いに昂ぶった後、更に乳首を弄られながらアナルへと挿入され、絶頂していくラキス/タコ足を主人公に絡めながら、指で乳首を弄りながらのフェラ奉仕で何度も射精に導いていくラキス→抱きつき足を主人公の身体に絡め、対面座位で母乳を飲まれながらの挿入され、自分もタコ足で主人公のアナルを弄りながらの行為に絶頂していくラキス

≪総評≫
 魔物娘達との生活を描いた和姦モノですね。ヒロインがどちらも魔物という設定が確実に人を選びますが、それを許容出来るのであれば日常シーン、えちぃシーンとミドルプライスとしてはなかなか悪くない作品だったと思います。

 10/12/05


感想・コメントなどありましたらどぞ。



もどる