M.E.s
ー同級生メイド調教ー


加古屋財閥の御曹司・加古屋 十一(かこや じゅういち)はある日、父親に仕えるメイドから奉仕されることに嫌気が差し、自分専用のメイドを手に入れようと思い立つ。

ならば自分の気に入った女性を奴隷にしようと、十一は学園で計画を発動させる。
彼がターゲットに選んだのは7人。
それぞれ陰湿な手口で弱みを握り、自分の元へたぐり寄せ、逃げられないようにしてしまう。
少女たちは主人公へ反感を持ちながらも、逃げ出せない状況に置かれたことで諦め、自責の念に駆られていく。

淫靡な調教が進み、心では拒んでも主人公が与える快楽に徐々に惹かれていく女の子たち。
異常であり、間違ったいけないことをしていると、頭では分かっていても身体が言うことを聞いてくれない。
いつしか十一から離れられなくなってしまっている少女。
場所、昼夜を問わず行われる背徳のゲームの先に待つものは、肉欲と快楽に彩られた光か、絶望と苦痛に満ちた闇か。


≪シナリオ・プレイ感≫
 奴隷メイドへと調教していく話。
 ライターは有限会社りっくりっく氏、にわりはとり氏、神代流氏、緋川佳氏の4名。

 狙いをつけたヒロインの弱みを握るなどして逆らえなくさせ、メイドとするために調教し屈服させていく、というのが主な流れですね。この手のものとしては『メイドにするため』っていうのを除けば結構よくある感じでしょうか。
 ですけどもまあ、えちぃシーンの出来は尺もあり数もそれなりに多くと、概ね良かったと思いますね。ねちっこく責めるというテイストも性に合ってましたし。CG面がちょっとクセが強いようには思いますが、そこら辺を許容出来れば割かし満足出来る作品かなと。



 メインとなるえちぃシーンは上記の通り割と良い出来だったと思いますが、特筆すべきは堕ちていく過程が良く描けていたことでしょうか。
 ヒロインの独白を交えたテキストに加え、ヒロイン1人当たりのシーン数も概ね10シーン以上と多めということもあり、弱みを握られて犯されることに抵抗しながらも、与えられる快楽に逆らえず徐々に屈服し、依存していくようになっていく……っていうのが段階を踏んでいて上手く描けていましたね。

 また、主人公のスタンスが基本的に自分の所有物(=ヒロイン)は壊さないよう大切に扱うし、他人に触らせるような真似もしないという、歪んではいるもののそう嫌悪感は抱かないものだったりと、結構独占凌辱といったテイストが強めですね。
 各ヒロインの個別エンドもヒロインに対して寛容な選択肢を選んだ結果であり、『主従』と書いて『恋人』と言ってもいいような関係だったりと、そういった調教から和姦へ、という流れに抵抗が無ければ十分オススメ出来るでしょう。



 ただ、全体として見ると犯すのは主人公のみとなっているんですが、いくらかのヒロインでのバッドエンドがそれと比べるとかなり毛色が違っているのが難点でしたね。
 それまでの独占凌辱といったのからは一転して、男なら誰でもよくなって浮浪者に腰を振るだとか、興味を無くして家族の勤める会社の前に裸で晒し者にするだとか、主人公父に取り入って義母になり主人公を勘当するだとか……。それまでに行われる調教での雰囲気とはまるで違ったものになっており、正直そういうのにする必要があったのかと思えてしまいましたね。そんなん唐突に入れられても萎えるだけなんですが。
 とりあえずはまあ、それらに目を瞑れば特に問題無いですし、気にしないのが吉でしょう。

≪グラフィック≫
 原画家は高橋レコード氏。
 CGは全81枚、差分は1〜10枚ほど。

 たまに胸が過度に大きくなってるように思えるCGがあったりするのが気になりましたが、概ね安定してましたね。肉感の良く出た絵柄だったと思います。ただ、塗りがちょっと古臭いために損してるように感じるところはあったような。
 あと、えちぃシーンにおいて結構アニメが使われていますが、あまり不自然に思えるようなことは無かったですね。

≪サウンド・ボイス≫
 ボーカル曲はRUNA嬢で『宵闇ディストーション』、BGMは全11曲。
 BGMは落ち着いた、暗めな曲調のものがメインですね。極端に暗めなものは無い感じです。

 ボイスの方も特には問題無かったかと思います。普通のセリフに心の中での独白と、概ね上手く演じられてましたね。

≪システム≫
 フルインストールで4.2G、ディスクレス起動不可。
 実用重視な作品においてディスクレス不可なのはマイナスですね。思いついたときにやれてこそですし、こういうのは。
 あとはそれほどプレイしてて不便に思うようなことは無かったかと。

≪えちぃ≫
 シーン回想は全シーン。内訳は小瑠璃:14、明瑠:16、智沙奈:14、円:11唯愛&唯恵:15、香奈子:12、その他:10。

 シチュとしては弱みを握られるなどして反抗出来なくさせられて、といったのと、そうでないのが半々程度、といった感じですね。基本的には前者ではあるものの、恋人として優しげに近づくなどして最初から信頼させていくヒロインもいたり、中盤以降は概ね和姦っぽくなってたりで。
 また、シナリオの方でも述べたように主人公の思考がヒロインを自分のものとして大切に扱うというものなこともあり、ハードに責める時は責めますけど結構甘めに接することも多かったですね。

 プレイ内容は愛撫、フェラ、シックスナイン、自慰、各種体位、道具、アナル、といったところ。主人公の嗜好のためか、ほぼ全シーン縄などにより拘束されたものとなっています。あとは他人に見られない程度での露出プレイなんかも全ヒロインにありました。

 とりあえず、概ねどのシーンについても尺は十分ありましたし、質の方もヒロインの独白と合わせて、少しづつ堕ちていく様が良い具合に描写出来てたと思いますね。

≪気に入ってるシーン≫
小瑠璃
制服のまま縄で拘束されローションを塗されての愛撫に昂ぶらされ、そのまま処女を奪われる小瑠璃/体育倉庫の中で嬲られ感じる自分の姿をモニターで見せられ、その様子を実況させられながら後背位で犯される小瑠璃/スク水を着たまま手首を拘束されながら、親友の下着を被らされ、その臭いに興奮しながら犯される小瑠璃/拘束されながら連続で正常位で犯され、幾度となくぶっかけられる精液の臭いに興奮しながら絶頂していく小瑠璃/椅子の上で拘束され、精液の染み込んだ下着を鼻に押し付けられてその臭いに昂ぶっていく小瑠璃→バイブで弄られた後に挿入され、ぶっかけられながら絶頂していく小瑠璃

明琉
自分から背面騎乗位で挿入するよう命令され、尻を叩かれながらの挿入に絶頂させられてしまう明琉/誰もいない教室内、体操服をはだけさせられたまま拘束と猿轡をされ、薬で出るようにさせられた母乳を噴出しながら自分で動き、絶頂していく明琉/夜の公園を鎖で犬のように歩かされ、尻尾として挿入されたアナルバイブで弄られて失禁しながら絶頂していく明琉/持ち上げられながらアナルに挿入され、便器に放尿しながら絶頂する明琉/屋上にて、制服をはだけさせられたまま後ろから挿入され、潮吹きしながら絶頂していく明琉

智沙奈
メイド服を着せられたまま拘束され、愛撫に昂ぶらされた後処女を奪われる智沙奈/メイド服をはだけたまま拘束され、背面座位で挿入されながらクリトリスをローターと電気アンマで責められ、失禁しながら絶頂していく智沙奈/浴場にて、シックスナインの体勢で嬉々として奉仕していく智沙奈/メイド服を着て自分から騎乗位で挿入し、連続で絶頂しながら中出しされていく智沙奈/


メイド服を着せられたまま拘束され、バイブでの自慰を強要されながらフェラさせられ、精液を飲まされていく円/浴場にて、縄で拘束されたまま椅子に座らされながら胸と秘所を弄ばれる円→秘所とアナルを同時に器具で弄られ、失禁しながら絶頂させられていく円/自分から背面騎乗位で挿入させられ、そのままアナルをバイブで責められながらの二穴責めに絶頂させられていく円/凌辱される記憶を思い出しながらの自慰に耽っていく円→見られながらバイブで自慰するよう命令され、言葉責めされながらの自慰に潮吹きしながら絶頂する円/スクール水着を着たまま拘束され、胸に薬を打たれて胸を弄ばれ、母乳を噴きながら絶頂させられる円→そのままフェラさせられ、被虐に酔いながら精液を飲み込み、飲み込みきれなかったそれを小水で飲み込まされて失禁しながら絶頂していく円

唯愛&唯恵
浴場にて、重ねられてローションまみれにされ、交互に挿入されていく姉妹/廊下を鎖で引かれ犬のように歩かされ、尻尾として挿入されたアナルバイブで責められた後、交互に挿入されて絶頂させられる姉妹/重なり合い、胸を弄られながら同時に素股で奉仕し、潮吹きしながら絶頂していく姉妹/誰もいない教室内、メイド服をはだけながら交互に挿入され、バイブで責められていく姉妹

香奈子
首輪と鎖を付けられたまま騎乗位で挿入させられ、そのまま全身を弄ばれながら絶頂させられていく香奈子/屋上にて、拘束され、持ち上げられ浣腸されながら挿入され、アナルからそれを噴出しながら絶頂させられていく香奈子/開口器をはめられたまま拘束され、薬で母乳を噴く胸を使ってパイズリさせられ、出された精液を飲みこまさせられる香奈子/ボールギャグをはめられたまま拘束され、母乳を噴く胸を弄られ秘所をバイブで責められながら、アナルに挿入されて絶頂させられる香奈子

その他
智沙奈にクンニされながら、ディルドウを付けた小瑠璃によりアナル処女を奪われる明琉/拘束され、小瑠璃にクンニされて潮吹きしながら絶頂していく明琉、親友の愛液の匂いに興奮しながら挿入され、絶頂していく小瑠璃/拘束されたまま自分から騎乗位で挿入させられ、唯愛と唯恵に胸を揉まれつつ母乳を吸われ、彼女達の指でアナルを拡張されながら絶頂させられる円/唯愛と唯恵に秘所とアナルを舐められながら、彼女達に入れられたモノを交互に舐めさせられ、口内射精とともに潮吹きしながら絶頂させられる円/夜の公園内、拘束と目隠しを施され服をはだけたままバイブで責められる香奈子→ディルドウを付けた智沙奈に前に挿入されながら、アナルを犯されて絶頂させられる香奈子

≪総評≫
 絵的(というか塗り)にややクセがありはするものの、シチュとしては濃いのも多く、ヒロインが堕ちる様も描けていてと、結構満足行く出来でしたね。意外な良作といった感じです。独占凌辱テイストなのも良かったです。
 とりあえず、絵の方を許容出来れば割かしオススメ出来る作品でしょう。

 09/01/10


感想・コメントなどありましたらどぞ。



もどる