学園催眠隷奴
〜さっきまで、大嫌いだったはずなのに〜


主人公の佐藤太志は、文武共に誉れ高い竜宮寺学園に通う学生。しかし、その肥え過ぎた体型、体臭、キモ面に加え、アニメ好きと言うこともあり、同類を除き、男女共に敬遠され、心許ない人からは酷い苛めや虐待を受けていた。
そんなある日、数年ぶりに発明家である父親から小包が届いた。中には一般の物とは少しデザインが違う携帯電話が入っており、手紙には脳に特定の電気信号を送り催眠状態にすることで 『誰にでも容易に暗示を掛けることの出来る携帯電話』だと記されていた。

突拍子もない内容に半信半疑の太志だったが、一緒に同封されていた写真を見ると、その手を思わず震わせた。なぜなら、自分と似たキモ面の父親が、グラビアなどでよく見かけるブロンド美女たちを幾人もはべらせていたからである。
あらゆる意味で天才だった父親のことを思い出すと、太志はもしかしたら……と思うと共に、いつの間にか下半身を痛いほど勃起させていた。
まず、太志はその力を確かめるために、隣の部屋に住む魅力的な人妻、小百合にその力を試してみる。そして、その効果が本物であることを確信すると、今まで自分を蔑んだ奴らや、目星を付けていた学園のマドンナ達を毒牙に掛けようと目論むのであった。

催眠効果という逃げることのできない魔の手で、ヒロインたちの 『心』と 『肉体』を支配し、肉奴隷への調教が始まる!


≪シナリオ・プレイ感≫
 催眠術を使い、自分を見下してきた相手を好き放題にしていく話。
 ライターは大空小次郎氏、巽ヒロヲ氏、関町台風氏の3名。

 シナリオ的な要素はそれほど期待しない方が良いですね。
 全体を通しても、午前の授業終わる→ヒロインに催眠術を掛けて凌辱→1日の授業が終わる→ヒロインに催眠術掛けて以下略→帰宅後、お隣の小百合を呼び出すかどうか選択する……といった流れの繰り返しとなっており、その合間合間にいくらか日常会話イベントが入ってくる程度となっていて。
 まあそもそもそういうのに期待するような作品ではまず無いですし、短めではあったものの、その中で仕込まれた暗示により少しづつ平常時の精神が犯されていく様や、主人公のキモさ(作品的には褒め言葉)なんかは割かし表現出来てたんでないかとは思います。

 しかし、いまいち整合性が上手くいってない部分があったりすることがあったりするのは気になりましたね。各ヒロイン毎のエンドとかそれが顕著で、実際にはそこまで進んでいないはずなのに既に他のヒロインも完堕ちさせて妊娠させてたりとか。それならそれでそういうシーンも描写して欲しかったです。



 と、シナリオの方は微妙ではありましたが、作品の核であるえちぃシーンは概ね期待を裏切らない出来だったかと。
 メインヒロイン、サブヒロインと合わせて90オーバーと単純なシーン数も多く、全体的に尺も悪くなしとボリューム面での問題は全く無く、また催眠術を使ってのシチュもアブノーマル分高めなのが多くと、シナリオ面での物足りなさを取り返せてたと思いますね。『姫騎士アンジェリカ』のあの何かしらキメてそうなテキストとそれをフルに活かす声優陣の良さもあって。

 ですけど、MCモノである以上仕方のないことではあるとは思うんですが、ヒロインを徐々に堕としていく、という感は薄めなのは否めませんでしたね。
 カメラに映すことで相手を催眠状態に出来る携帯を使って速攻でどんな命令でも聞くようになるため、段階を踏んで少しづつ堕ちていくのを楽しみたい方にはちょっと合わない面はあるように。前述通り日常イベントで催眠により変質した精神なんかの描写はありますけど、分量少なめですし。
 ですけども、主人公を汚物のごとく罵っていたヒロインが催眠術を掛けられたことにより自分から求めるようになったりといった、平常時と催眠を掛けられた時とのギャップっていうのはMCモノならではの楽しみだと思いますし、これまで嫌っていた、蔑んでいた醜い男により変態性癖を植えつけられて堕とされていくっていうテイストは十分に出てたと思いますのでこれはこれで悪くなかったんでないかと。『あなたって最低の屑だわ!』的なセリフを何度聞いたことか。

 また、サブヒロインにもかなりの割合が割かれてるのは好印象でしたね。数にして20シーン近く、人数も教師、生徒、その他合わせて13組と多めとなっていて。
 質より量、といった感じでメインヒロイン組と比べると薄味ではありましたが、やはり誰でも操れるようになったのにその対象がヒロインだけっていうのは物足りなく思えますしね。何の面識も無く、名前も知らない相手を催眠術を使って好き放題に弄ぶっていうのはこういう作品だから出来ることでしょうし。
 しかし、清廉潔白なシスターに暴力や姦淫に快感を感じる性癖を植えつけて逆レイプさせるとか、シチュ的に良かったんですけど何も血が出るまで殴らせんでもとは思ったり。

 ただ、概ね満足ではあったんですが、複数のヒロインが絡むシーンが少ないのはマイナスでしたね。サブヒロインの方で数シーンある程度で、メインヒロインにはハーレムエンドでの1回、あとは限定版特典でいくらかあるだけと。せっかく催眠で好き放題出来るんですから、もっとそういうのが欲しかったです。
 ヒロイン毎のシーンは結構多めで良かったとは思いますが、出来ればその分をもう少し複数プレイに割いても良かったような気もしましたね。



 あとですが、晶子に安藤りゅう嬢ボイスのショタキャラと、男を相手にしたシチュがいくらかありますので、抵抗ある人はちょっと注意しといた方が良いですね。そういうシチュは全体的に精神や容姿を女性化させた上でのものなため、男相手っていう感覚は薄められていましたが。
 とりあえずはまあ、個人的にはこういうTSテイストなシチュは嫌いじゃないですし、『至って普通の男性だったのが催眠術により女性化させられていく』という趣向はこれまでやってきたMC凌辱モノを通しても無かったことなのでこれはこれで面白かったように思いますね。
 ……というか、少し前に日記でネタにした際の『終いには性転換しそうな勢い〜』というのがよもや現実になろうとは。

≪グラフィック≫
 原画家は安藤智也氏。
 CGは全96枚、差分は4〜30枚ほど。

 『背徳の学園』以来では久々の安藤氏原画でしたが、概ね上手く描けていて良かったと思いますね。全体的にヒロインの肉感や精液や愛液、涎なんかの汁気も良く出ていましたし。直前のシーンで出された精液が次のシーンでも描かれてるのはもとより、シーン後の立ち絵にそれが描写されてるのはかなり珍しく思います。
 まあ汁気の方は涎周りとか少し過剰な気もありはしましたが、度が過ぎない限りはあるに越したことはないと思いますので問題は無いでしょう。

 ただ、正直なところなんですが、えちぃシーンでの主人公の顔や身体を出すのはもうちょっと控えてくれた方が良かったかなー、とか。
 設定としては悪くはないとは思うんですけども、本番時にそういうのを視覚的に見せられるっていうのは萎える部分はありましたし。

≪サウンド・ボイス≫
 ボーカル曲はなく、BGMは全11曲。
 BGMは全体的に暗めで沈んだ曲調のものがメインですね。あとは日常シーンなんかでの明るめな曲調のが少しある程度。
 出来としては概ね水準以上は保っていましたし、作風にも合っていたと思いますね。

 ボイスの方も特には問題無かったかと。前回のアンジェリカを演じたサトウユキ嬢をはじめ、いっそギャグのレベルにすら思えるテキストを上手く演じられてました。
 というか、かわしまりの嬢、芹園みや嬢、計名さや香嬢、安藤りゅう嬢と。サブヒロイン勢の方がやたらと豪華な面子に思えるのは気のせいですか。

≪システム≫
 フルインストールで3.49G、ディスクレス起動可。
 プレイする上で必要なのは大体揃っていたとは思いますし、特に大きな不満なんかはありませんでしたね。

≪えちぃ≫
 シーン回想は全95シーン。内訳は唯奈:14、渚:12、姫乃:15、薫子:14、小百合:13、晶子:5、サブヒロイン:21、複数:1。

 シチュとしては当然ながら催眠を用いたものがメインですね。
 催眠術により感情を操られ、常識を書き換えられ、変態的な性癖を植えつけられてといった。直前まで至って正常だった精神が一瞬で狂わされ淫乱へと堕とされて弄ばれる様が堪能出来ました。
 催眠抜きでのシチュは完全に身体を堕とされ、最後の仕上げにというのでいくらかある程度ですね。渚とか、普通に和姦してて吹いたんですが。
 あと、既に人妻である小百合やサブヒロイン全般は最初のシーンから本番行きますが、その他のメインヒロイン全員ははじめの1/3くらいは処女のままでのものですね。初めからいきなり処女を奪うのでなく、身体を十分に堕としてからという感じです。

 プレイ内容としてはキス、愛撫、フェラ、自慰、クンニ、手コキ、各種体位、輪姦、アナルといったところ。概ねオーソドックスなので占められていますが、催眠術による暗示を絡ませてアブノーマルなテイストに仕上げられてました。
 ただ、欲を言えばもっとシチュに幅があっても良かったとは。気に入ってるシーン書いてて尚のこと実感しますけど、いまいちどのヒロインもやってることにそう違いが少ないというか。もう少し、ヒロイン毎に異なった展開にしてもとは思いましたね。
 あと、描写は薄めなもののいくらかスカなんかもありますので、そういうのが苦手な人は注意した方が良いですね。

≪気に入ってるシーン≫
唯奈
涎を美味しいと思い込まされ、夢中で主人公の唾を飲み込みながら絶頂していく唯奈/夢の中だと思いこまされ、クンニされる快楽に喘ぎながら告白する唯奈/放課後の教室で、主人公の縦笛を舐めながら自慰させられて絶頂していく唯奈/体操服を着たまま口を性感帯にされ、イラマチオに興奮するようにさせられて自分からそれを懇願し、イラマチオに没頭し絶頂していく唯奈/孕ませられる願望を植えつけられ、自分からそれを懇願、持ち上げられたまま挿入され連続で中出しされていく唯奈/自室にて、ゴスロリ服を着せられて後ろから挿入され、キスされながらの種付けに絶頂していく唯奈/授業中、自分たちを認識出来なくさせられたクラスメイトの中背面座位で挿入され、その様子を説明しながら絶頂させられる唯奈


主人公を彼氏だと思い込まされたままファーストキスを奪われ、積極的にキスをせがみ、自分からも行う渚→精神だけを元に戻されて更にキスさせられ、唾を飲みこまさせられていく渚/主人公の下着の匂いに興奮する性癖を植えつけられ、それを嗅ぎながら自慰し、絶頂と同時にぶっかけられる渚/恋心を植えつけられ、抵抗しながらも徐々心を奪われていき、暗示で動けなくさせられた晶の前で完全に屈服して自分から中出しを懇願する渚/プールの中、自分たちを認識出来なくさせられた水泳部員達の目の前で挿入され、快楽を貪っていく渚/夢の中だと思いこまされ、授業中自分たちを認識出来ないクラスメイトの中秘所を弄ばれながら手コキさせられる渚→背面座位で挿入され、晶への謝罪を繰り返しながらもその快楽に夢中で種付けを懇願していく渚/自室にて、催眠なしの素の状態で自分からウェディングドレスを着てのプレイをせがみ挿入され、精液まみれになりながら絶頂していく渚

≪総評≫
 MC凌辱モノとしてはまず良作と言って良い出来ですね。単純なボリュームも多く、催眠術を活かしてのアブノーマルさも十分と。やややってることがヒロイン毎に似通ってるのが欠点ではありましたが、それを許容出来るんであれば概ね満足行くかと思います。

 08/12/21


感想・コメントなどありましたらどぞ。



もどる