姦淫特急 松葉
〜肉欲のグルメ紀行〜


特急 『満潮』───
乗車した女性客が姿を消すことがあるらしい──そんな噂が都市伝説好きの人間たちの間で囁かれたりもする、知る人ぞ知る列車である。
日本を北から南へ縦断するこの特急列車は、二十年以上も前から進められていた特殊なメス奴隷を仕立て上げる計画──“特別性奴創造計画” の下に巨額の富を費やして開発された車両だった。
単なるメス奴隷ではなく、飼い主が気を使わずとも主人のどんな要求にも応えられる、美しくも丈夫なメス奴隷となる素質を持つ女を選抜し、育成する──それがこの計画の概要である。
素質のある女を生け捕りにして肉奴隷に仕立て上げるための、罠としての働きと仕組み──
──それこそが、この “姦淫特急” と呼ばれる列車の真の姿だった。
普段は他に類を見ない豪華で快適なサービスを提供するだけの、ただの寝台特急に過ぎないこの列車は、2〜3ヵ月に一度だけその正体をあらわにして本来の業務を行う。 あまりに行方不明者が出ると騒ぎになるからだ。
だが近年は日本の環境も悪化の一途を辿り、家出や行方不明者なども連日のように出ている。
加えて裏社会での特別性奴の需要も高まり、2〜3ヵ月に一度などと悠長に構えている状況ではなくなりつつあった。

高まる需要に応え、安定した供給を図るためにはもっと頻繁に裏業務を行う必要がある。
しかし 『満潮』 だけでそれを行うには少々目立ち過ぎる──
──そこで開発されたのが、夏の 『満潮』 に対して冬の裏業務を担当する、この新特急 『松葉』 である。
『満潮』 以上に洗練されたシステムとサービスで、より一層若い女を呼び込む罠列車。
この新しい車両で、生け捕りにした女たちを肉奴隷に仕立て上げる車掌は──この俺、海堂精治だ。
『満潮』 であれ 『松葉』 であれ、姦淫特急の車掌が勤まるのは “特別性奴創造計画” のため組織に作り出され、いまやその組織の中でトップの座に君臨するこの俺をおいて他にない。

胸に秘めたる欲望を滾らせ、俺はまだ見ぬ新たな肉奴隷との出会いに今日も心躍らせていた──


≪シナリオ・プレイ感≫
 訪れた乗客を牝奴隷とするために作られた列車の中、標的として捕らえたヒロインたちを陵辱調教していく話。
 ライターはチャック雅氏、まこっちゃ氏の2名。

 作品としては以前に出された『姦淫特急 満潮』、『悪夢の3週間』 の正当な続編といった位置づけとなっており、内容や雰囲気と、全体的なテイストとしてはそれを踏襲したものとなっていますね。
 牝奴隷製造のために運行する列車の中、そうとは知らずに乗り込んできたヒロインに優しげな雰囲気を装って近づき、『優しく頼れる車掌』として彼女らの行動を手助けしていくことで交流を深め信頼させ、その信頼が十分に培われたところで本性をあらわにして拉致監禁し、牝奴隷とするためと凌辱調教を施していく、といった。スタッフの嗜好もあってなのか、これまでのつるみく作品と同様、ヒロインをターゲットにしてから拉致し凌辱するまでの間の彼女らとの交流となる描写が結構多めに取られているため、堕ちていく過程となる描写が丹念に描かれていますね。
 前作で既に奴隷となって主人公の調教をサポートする役回りとなった美紀や仁美のシーンが序盤で挿入されては来るものの、メインヒロインのえちぃシーンはそうした場面をこなしてからになるためシーンが展開するまでに時間がかかるのがやや難点ではありますが、それによってヒロインの個性付けとなる描写は出来ていましたし、信頼させるまでが丁寧に描かれているからこそ、凌辱シーンにおいてヒロインを絶望に突き落とす場面がよりいっそう引き立てられていたと思いますね。手軽にえちぃシーンを楽しめるのも良いですが、こうしてじっくりと描いてくれるのもまた違った良さがあります。

 しかし、今回は前作と比べるとやや日常シーン周りの雰囲気なんかはやや和やかに思えるところはありましたね。
 続編ということもあって奴隷となった美紀や仁美をはじめとして前作に出たヒロインも出てくるんですが、彼女らに関しては既に凌辱に屈服して奴隷となり、与えられる行為に快楽を感じる状態になっている上にそれを与えてくれる主人公に好意を持って迎えるため。特に通常業務を共にする美紀たちとはそれなりに信頼してるためか主人公も無防備な姿を見せたりしますし。数人には結婚エンドもあったり。
 まあだからといってえちぃシーンにおいては手心を加えるとかいうこともなく徹頭徹尾ハードで通すので、凌辱ゲーでそういう描写されるのに抵抗があるとかでなければさして問題ではないでしょう。既に堕ちきって和気藹々と調教を望むのヒロインとどうしようもない理不尽な状況に置かれたヒロインとの対比といったテイストも出てましたしね。結婚エンドにしても主人公の行動を受け入れた上でヒロインもそれをサポートしていくといった感じですし。



 えちぃシーンもこれまでと同じく全体的に容赦することなく凌辱していくものがメインですね。
 拘束して自由を奪った上で拉致監禁し、主人公をはじめとした組織の男たちや列車に乗っている客や浮浪者により犯され輪姦され、他人に見られながらの排泄させられてと、一切妥協することなくヒロインの人としての尊厳を凌辱していくものとなっています。
 どのヒロインもそう簡単に屈服することなく終盤になるまでは抵抗し続けるため、堕ちていくまでの過程がかなり長く描かれますね。信じていた相手によって裏切られ理不尽に犯される状況に置かれても諦めることなく抵抗していた精神が延々と続く凌辱に徐々に折られて屈服していく様はいつもながら非常に良く描かれていたかと思います。

 既に調教されて奴隷と化した終盤あたりで快楽に飲まれた状態を除いてはヒロインの意思など関係なく感じていようがいまいがおかまいなしに強制的に凌辱していくといった加虐的な色合いが全体を通して強く、加えてつるみくなので当然ながらスカなシチュも全ヒロインにあるためかなり好き嫌いが分かれるところですね。葉月自身基本的に快楽を感じさせてのものの方が受け入れやすいですが、新しい嗜好を開拓するためにたまにはこういうのもいかがでしょうか。

 また、上でも書いたように前作のヒロインが登場してくるんですが、ターゲットを凌辱する際そのヒロインにつながりのある相手を積極的に絡ませてくるのは個人的には結構好印象でしたね。キャンペーンガールである小町や雪絵にはアイドルである林檎、茜は姉である夢や親友の織枝、理恵と美幸の母娘同士、といった感じで。
 失踪した後もずっと心配していた姉により凌辱された末に堕とされた姉と友人によって土下座させられ屈服の言葉を言わされたり信頼しあっていた母娘の片割れが快楽のためならもう一方などどうでもいいと躊躇なしに主人公の牝奴隷として差し出し、自らも調教しようとするまでにするなど、親友や母娘の絆を汚す様は良かったですね。つるみくはこういう身体のみならず精神面も責め立てる凌辱を描いてくれるから好きです。



 しかし、つるみく作品全般に言えることなんですが少々マンネリ気味かなとは感じますね。監禁した上での容赦ない凌辱調教といったシチュエーションにしろプレイ内容にしろそう変わりが無いためか。レビュー書いてても過去作のものとかなり内容が似通ってしまってるのは否めませんし。
 好みなブランドではあるんですけど、出来ればそろそろ何かしら変化を付けて欲しいかなと思うのも正直なところではありますね。まあだからこそ安心して手を出せるっていうのも確かなので一概にそれが悪いとは言えないんですけども。

≪グラフィック≫
 原画家は桜島サロマ子氏。
 CGは全149枚。内訳は雪絵:16、小町:12、茜:16、美幸:15、理恵:21、春香:18、志鶴:17、多真紀:14、ハーレム・その他:20。
 差分は1〜180枚ほど。

 これまでの作品同様、たっちーからつるみくまで通して原画を勤められてる方ですね。女性的な丸みというか柔らかさが押し出された絵柄。いつもながらヒロイン全員黒髪か茶髪で二次元的な変わった髪の色をしているのはいないのでぱっと見地味に移りますが、結構新鮮に思えますね。
 上記の通りヒロインの身体の質感が良く出たものとなっていますが、白目を向き恐慌に陥った表情はいつもながら上手いと思いますね。絶望と理不尽に怯える表情がつるみく作品のテイストを大いに引き立てていて良い感じ。その後奴隷となった後の狂気を孕んだ表情も良し。

 しかし、差分が最大180枚までと多いため、CG閲覧がやや使い辛いのは難点っちゃ難点ですね。最初から最後まで1枚づつ確認するのはかなり骨。流石にそこまで多いのは稀ですが、大体のCGは平均3、40枚、多いので6、70枚ぐらいまで行きますし。数多い差分で細かく表現してくれるのはありがたいですが。

≪サウンド・ボイス≫
 ボーカル曲はなく、BGMは全8曲。
 BGMは日常シーンでの穏やかな曲調のものが1曲ありますが、それ以外は全て凌辱シーンや暗躍するシーンで流れる暗く陰鬱な曲調のものがメインですね。質としては良かったと思いますし、作品の雰囲気に合っていたかと。

 ボイスについても特に問題なく演じられてますね。理不尽な凌辱に抵抗しながらも悲痛に喘ぐ様や恐怖に怯える様と上手く演じていたかと思います。

≪システム≫
 フルインストールで2.44G、ディスクレス起動可。
 必要になるのは概ね揃っていますし、特に不満に感じることは無かったかと思います。

≪えちぃ≫
 シーン回想は全158シーン。内訳は雪絵:18、小町:16、茜:9、美幸:22、理恵:25、春香:13、志弦:18、多真紀:15、ハーレム・その他:22。
 シーン数自体は150オーバーと非常に多いですが、劇中でつながっていたシーンが前半と後半に分かれていたり、他のヒロインが関わってくるかどうかといった状況ごとにそれぞれ別枠として登録されるため、実際はこれより少なめですね。それでも1人8シーン前後はありますし十分ではありますが。

 シチュとしては各ヒロイン毎のエンディングや既に堕ちている前作ヒロインのものを除き、ほぼ全シーンが列車内に監禁したヒロインを奴隷へと堕とすための凌辱シチュとなってますね。交流を経て信頼させたところで本性を現して監禁して凌辱し、理不尽な状況に堕ちまいと抵抗するヒロインの尊厳を徹底的に蹂躙し屈服させていく、といった。既に屈服して従順となっている前作ヒロインなんかは主人公とお互いに打ち解けているものの、だからといって手を抜くとかいうことは一切無く、全編通して容赦の二文字はありません。

 プレイ内容はプレイ内容は愛撫、フェラ、自慰、道具、パイズリ、各種体位、輪姦、アナル、SM、フィストファック、といったところ。
 とどのつまりは至極いつも通りなつるみくですね。前身のブランドであるたっちーと比べたらマイルドになってはいますが、それでも他ブランドと比べてかなりハード寄りには変わりありません。フェラをさせれば喉奥まで犯すイラマチオ、普通に挿入するにしても鞭で打ち浣腸をさせながらといったのが当たり前、乗客などの男達による輪姦もデフォと、徹底的にヒロインの尊厳を貶めるプレイがメインとなってます。まあ個人的には血を見るとかまで行かなければアリ。
 また少し触れましたが、つるみくですし当然のことながらスカ系のシチュは全ヒロインにありますので注意は必要ですね。全ヒロインに浣腸をさせるなどした状態で行為に及んだりそのまま鞭で打ちつけたりと。加えて今回はタイトル通りヒロイン全員が飲食に関わっており出身地も異なるため、そのヒロインに縁のある牛乳やらお粥やらきりたんぽなんかの食材ぶちこんだりもしますし。うどんの材料入れて行為に及んで腹の中でうどん作りとかあるんですが香川の人ぶちきれないかこれ。

 一応媚薬により強制的に快感付けにしたり最終的には快楽により屈服するものの、全体的に快楽よりもヒロインを痛めつけ虐げていくような被虐的な傾向が強いためそういったシチュが苦手な方にはあまりおすすめ出来ませんが、それが受け入れられるのであればCG数・シーン数と申し分ないですしヒロインと知り合い信頼させていくところからそれを陥れ調教し、懸命に抵抗するヒロインの心を折って屈服させていくというシチュが段階を踏んでじっくりと楽しめるので満足出来るかと思います。

≪気に行ってるシーン≫
雪絵
初凌辱』拘束されて壁に押し付けられ服をはだけられ、それを小町に見せ付けられながら挿入され処女を奪われ信じていた相手に裏切られたのを知らされながら中出しされていく雪絵/『牛コスで浣腸&輪姦でミルク補給』/『乳吸い&万力乳搾りB』→『拡張フィスト&ユルマン挿入B』立ったまま壁に拘束されてキスで薬を飲まされ、そのまま主人公と既に堕ちた小町に乳首を吸われた後、更に万力で胸を搾られ母乳を噴出させられていく雪絵→壁に手をつく形にされながら主人公と小町に背中を鞭で打たれ、更に2人の腕で秘所とアナルを失神するまで犯されていく雪絵/『展望風呂で母乳塗れ5P』美樹と小町が主人公の乳首に奉仕する中、自身も後ろから仁美に胸を搾られ母乳を噴かされながら主人公の上に跨らされ騎乗位で挿入され、抵抗しようとしつつも延々と続く快楽に屈服し奴隷となることを誓いながら絶頂していく雪絵/『妊娠エンディング』妊娠しボテ腹に牛コスを着せられ後ろから犯されながら、モニターの向こうで組織の男達に延々と輪姦されていく小町を見せ付けられ、改めて主人公の奴隷となった幸せを感じながら絶頂していく雪絵

小町
『初凌辱B』雪絵に見せ付けられながら拘束されはだけた秘所を愛撫された後、正体を現した主人公により後ろから挿入され処女を奪われ中だしされた後、自分の作った米を痛む秘所に塗りこまれていく小町/『展望風呂4P』媚薬を盛られた上体で既に堕ちた雪絵と美樹により秘所とアナルをディルドウで犯されそのバイブ機能で責められながら主人公のものを喉奥まで加えさせられ絶頂させられていく小町/『フェラから磔で鞭打ち&極太バイブ』壁にX字に磔にされながら躾として美樹と雪絵によって鞭で打たれ許しを請っていく小町→完全に屈服させるためと猿轡を咬まされ秘所に極太のバイブを挿入され、痛みに悶えながらも失禁しながら絶頂させられていく小町/『シアターで駅弁ファック&忠誠フェラ』キャンペーン衣装を着せられ持ち上げられながら子宮まで挿入され、その様子をスクリーンで乗客たちに見せ付けられながら絶頂させられる小町→他人に売られる恐怖に心を折られ、主人公に忠誠を誓うためカメラに撮られながら自分の意思でフェラしていく小町/『奴隷エンディング』林檎とのグループでアイドルになり、自分達の出演する番組が流れる中主人公の上に跨ったまま騎乗位で挿入し絶頂していく小町



≪総評≫
 つるみくらしい、ハード凌辱に重点の置かれた作品。全体的にかなり人を選ぶものの、ヒロインと知り合い仕込む段階から丁寧に描写されるため、嗜好が合いさえすればCG数にしろシーン数にしろ申し分ないですし楽しめるかと思います。

 11/10/16


感想・コメントなどありましたらどぞ。



もどる