殻ノ少女


昭和三十一年、三月。敗戦から十年が過ぎ、在りし日の姿を取り戻しつつある街、東京。
私立探偵の時坂玲人は、井の頭公園にてひとりの少女から変わった依頼を受ける。

「捜して欲しいんだ。――私を。本当の、ね」

同時期、巷では奇妙な猟奇犯罪が多発していた。
少女ばかりが誘拐され、身体の一部と子宮を切除されて殺される。
警視庁捜査課の魚住夾三は、昔馴染みで元同僚の時坂に事件の調査を依頼する。

保谷町の端にある、私立櫻羽女学院。時坂の妹紫が通う此処で、女学生がふたり行方不明となっていた。
学院の教頭の佐伯時生は、紫の兄である時坂に行方の捜査を依頼する。
時坂は三つの依頼を同時に受けた。
佐伯の頼みを聞き入れる形で女学生の情報を探る為に櫻羽女学院へ教師として潜入する。

そこで――彼女と再会した。
朽木冬子。私を捜して欲しいと依頼した少女。彼女は鈴の転がるような声で、少年のような口調で言う。

「やあ――また逢ったね、探偵さん」

犠牲者は増えていく。
簡単に思われた女学生の捜査すら儘ならぬ事態。
行方不明者と身元不明の遺体との数が合わない。

そして新たな犠牲者に選ばれたのは――

終わらぬ惨劇の輪廻。新たな事件と共に訪れる、六年前の事件の謎とは――?

悲劇だらけの世界の殻を打ち破るのは、少女の微笑みなのかもしれない。


≪シナリオ・プレイ感≫
 探偵として、連続して発生するバラバラ殺人事件を解決へと導いていく話。
 ライターは鈴鹿美弥氏。

 シナリオとして『面白い』とはそれなりに思えたものの、じゃあプレイしていて『楽しかったか?』とすると素直にイエスとは言い難い、といった印象が強かったですね。

 とにかく、徹頭徹尾雰囲気が暗過ぎるんですよね。いやまあ、そういった雰囲気の作品とは分かった上で手を出したわけなんですけども、最初から最後まで終始陰鬱な展開が淡々と紡がれていくため、プレイしていて非常に気が重くなってきて。
 息抜きとなるような平穏な日常シーンやヒロインとの交流となるシーンもほとんど無くて(無いわけではありませんが淡白なものですね)、気が休まらない内から次々と凄惨な殺人描写が行われるのでプレイしていて非常に気が重くなってきます。もうちょっと展開に緩急を付けてメリハリを出した方が、話としても読み手への配慮としても良かったような。

 加えて展開にほとんど救いが存在しないのも、それに拍車をかけますね。
 ヒロイン格のキャラだろうと何の前触れも無く唐突にさくっと容赦なく殺してくるので、感情移入してると泣きを見ます。どうやっても回避出来ないですし……。
 おまけにその際の殺人描写はかなりグロイです。テキスト、CGと。薬を打たれ、生きたまま四肢をバラされるとか、両目を潰され首を1080度くらい回転させられてるのとか、顔をズタズタにされてるのとか各種揃っており、耐性あってもナチュラルに吐き気が……。
 とりあえず、大体は平気でしたけど、綴子が死ぬのはきつかったですねー……、葉月としては。陰鬱な物語、基本ダウナーなキャラで占められてる中にあってあの明るめな性格は割と救いだっただけに。

 何というか、もうちょっとくらい御都合主義な展開があっても良かったと思いましたね。作品全体を通していやにリアリティを強めにしようとしているきらいが結構あったような。
 そりゃあ実際のところ、囚われたキャラが殺人者の手に掛かる一歩手前でピンポイントで居場所を突き止めて助け出すとかいった都合の良いことなんてありえないでしょうけど、ゲームなんですからせめてメイン級くらいは選択により助け出せる展開とか、あっても良かったかなと。決して助け出せないやるせなさしか残らないですし。

 というか、この救えない展開は犯人の設定を純粋なまでにイカレている狂人としたことがかなり大きかったと思います。
 憎悪だとか金銭だとか、そういう人間として分かりやすい動機なんかであればまだ犯人の行動を推理し、その裏をかいて次に狙われるであろうキャラを守ることだって出来たでしょう。けど、女性を誘拐して生かしたまま四肢切断し、それを芸術品として飾っておくような真性のガイキチの行動の予測なんて出来るわけがないんですよ。精神構造が常人のそれとは違う、ある種別の生き物といっても構わないような存在なんですから。
 で、そんなのを一介の探偵の想像の範疇で捉えきることはまず無理なわけで、どの事件も事前に救うことは出来ず、結局惨状が展開されてから後手後手に捜査開始ということになってしまっているんですよね。


 また、作品としての売りである、プレイヤー自身で推理するのをコンセプトとした『Detectiveシステム』も、正直そのコンセプト通り機能してはいなかったです。
 基本、探索、捜査、推理といた4つのパートで構成されているんですが、通常のADVである基本パートはまあいいとしても、他がどうにも不親切過ぎて。

 まず探索パート。基本的に1日に2回ほど自由に移動し、証拠や情報を集めるパートなんですが、いくつもある行き先のみを提示されて、何のヒントも無しに『はい、この中から証拠のあるところに行って下さい』といった選択を突きつけられるとか……。
 せめてその場所に行ったら誰と合えるのか、その場所に行ったら証拠が発見出来るのか、とか、そういったのをアイコンか何かで示して欲しかったですね。ノーヒントで見つけろとか言われても……。

 捜査パートはおそらく、この中で最もアンユーザーライクなシロモノでしたね。
 CGの各箇所を指定して証拠を見つけていくといった、『逆転裁判』とかそういうのをイメージしてもらえれば分かりやすいパートなんですが、CGの暗めとなっている部分に調べるポイントが隠れて分かり辛かったり、細かい部分に証拠があったりするためそれを見つけるのに何度もその近くの別のところを調べさせられたりと。
 そして何より、たとえ複数の証拠品がそこにある場合でもシナリオを進めるための鍵となるものをを見つけてしまうとそこで終了してしまうとか、流石に何を考えてるのかと。しかもそういった証拠品が物語上必要じゃないものならまだしも、普通に必要になってくるんですから尚更に。

 で、『プレイヤーの手で謎を解く』というコンセプト上、最も大事であろう推理パートなんですが、その役割を果たしていたとは到底……。
 それまで手に入れた証拠品や情報を元にして推理していくパートではありますが、プレイヤーがすることはそれを基に推理していくことではなく、主人公により推理された内容を聞き、そのリードにより指し示された証拠品や人物を当てるだけと、かなり期待外れでしたね。

 ……と、シナリオ、システムの両面で不満な点は結構あったんですが、最も大きかったのはプレイ終了後の後味の悪さでしたね。トゥルーエンド、グッドエンドと用意されていますが、後味良く終わるエンドが一つとしてありません。トゥルー見終えて呆然とした瞬間は当分心に残りそう。
 確かに、トゥルー、グッドと共通して本筋となる事件それ自体は解決しました。けど、大事なことが解決されてないじゃないですか、投げっぱなしじゃないですか。結局どちらにせよ犯人を捕まえることは出来ないで、囚われたヒロインを無事に助け出すことも出来ないで。そのくせ、それはもう終わったことみたいな扱いにしてものっそい綺麗にまとめようとしてるのが白々しくてなりませんでした。そういう終わり方にしたいのであればちゃんとそれに合った土台の上でやって欲しかったですし、かなり中途半端ですしね。
 一応ヒロインを取り戻すエンドもあるにはありますけど、そんな四肢切断された状態のヒロインをバックになんか良い話っぽくまとめられても……。シナリオを通して『偏執≪パラノイア≫』について描いてますが、ライターの方自身四肢切断に執着し過ぎな気が。冬子をはじめとしたヒロイン達を『殻の少女』にすることにこだわり過ぎていて、他の可能性について描くことを放棄している、というか。

 あとですが、そもそも六識事件の存在は必要だったのかな、と。本筋となる『殻の少女』にまつわる事件にほとんど関係してこないですし、解決はするものの最後の最後、取って付けたみたいでしたし。むしろ主人公の因縁の決着、みたいな形にして肝心なことをおざなりにしたまま物語を締めるのに一役買っていたことは否めませんでしたね。それだったら後半の『殻の少女』の事件と六識事件とをリンクさせて、因縁への決着とヒロインの奪還とを同時にやるとかもあったと思ったり。

≪グラフィック≫
 原画家は杉菜水姫氏。
 CGは全101枚、差分は1〜7枚ほど。

 全体的にどこか暗さを残した、叙情的な印象の強い絵柄ですね。作風には合っていて良かったかと思います。ただ、暗がりの風景とかはもう少し明るくして欲しかったですね。捜査時の見つけ辛さといったら。

≪サウンド・ボイス≫
 ボーカル曲は霜月はるか嬢で『瑠璃の鳥』、BGMは全曲。
 ボーカル、BGMと、作風に合わせた、陰のある物悲しげな曲調のものがメインですね。出来としては全体を通して非常に良いものが揃っていたと思います。

 ボイスの方も特に問題はないですね。各ヒロインとも、声優の方が良い演技をされてたかと。
 ……しかし、透子役の吉田美海嬢とか、これが初めてなのにああいう役どころのなのはきついですねー。キャラ的に叩かれるようなヒロインでしたし。

≪システム≫
 フルインストールで1.83G、ディスクレス起動可。
 正直、かなり不親切な感じはしましたね。プレイヤー自身で選択する箇所は結構な数用意されているんですが、それだけにクイックセーブ・ロードが出来ないのは痛かったです。加えてセーブ数が60枠と少なめっていうのもちょっと……。

≪えちぃ≫
 シーン回想は全12シーン。内訳は冬子:3、夏目:2、織姫、由紀子、杏子、初音、綴子、透子、寧々:1。

 シチュとしては概ね和姦ですね。夏目のとかはヒロインの方から迫られて、といった感じではありますが、基本的には純愛風味。
 プレイ内容としては愛撫、フェラ、パイズリ、各種体位といったオーソドックスなところですね。
 1シーンにつき数ラウンドありますし、それに合わせてCGも3〜5種類用意されていたりはするものの、ひとつひとつはかなり短めなため全体としての尺はそう多くはありませんね。質についてもあまり力は入れられていない印象でいまいちでした。
 ……というか、実妹である紫はまだしもなんでステラにシーンが用意されてないんでしょう。

≪総評≫
 それなりには面白かったのは確かですけど、シナリオ、システムとかなり不満も多く、最後まで読んでも後味は非常に悪いため『楽しい』とはあまり感じられなかったですね。描きたいモノを描いてるのは分かりますが、もうちょっとユーザーに配慮してくれても良かったと思います。

 08/07/10


感想・コメントなどありましたらどぞ。



もどる