姦淫特急 満潮
つるみく


『乗車した人が消える列車がある―――』

そんな噂が、近頃その手の話が大好きな人間たちの間で囁かれていた。
大半の人間は 「昨今の都市伝説ブームにあやかって流布しているにすぎない」 と一笑に付し、さして気にも留めなかった。

だが―――列車は、実在した―――
その名は、特急【満潮(みちしお)】―――

二十年以上も前から進められていたという、特殊なメス奴隷を発掘、開発する計画―――【特別性奴創造計画】。

単なるメス奴隷ではなく、飼い主が気を使わずとも主人のどんな要求にも応えられる、美しくも丈夫なメス奴隷となる素質を持つ女を選抜し、育成する―――そんな計画のために、巨額の富を費やして開発された列車だ。
普段は、日本列島を縦断するという点以外は特に変わったこともない、しいて言えば速度よりも旅を楽しむことを目的として様々なサービスを充実させたというだけの、ごく普通の寝台列車。
だが2〜3ヶ月に一度、【満潮】は特定客に対してその本性を現す。

特定客とは、つまり―――【美しく魅力的な女性】だ。

特定期間内にこの列車に乗り込み、選ばれてしまった女たちは……列車から降りることを許されず、その肉体を欲望のままに貪られ、凌辱され、精神を病むまで凌辱行為に晒されるのだ。そして調教に耐え切った女は、主人のあらゆる要求に応えられる、最高のメス奴隷となる―――。

この列車は、政財界の名立たる面々がスポンサーとなって開発された、特殊な肉奴隷開発用のいわば調教専用列車だった。
そして俺――【海堂 精治】は、裏社会のスポンサーどもに選ばれた、この【満潮】の【車掌】だ。
この【満潮】において、俺にはあらゆる権利が与えられている。
女をどう扱おうと俺の自由であり、ことが明るみに出さえしなければ、大抵のことは許されるのである。

それだけ、俺の能力が買われているということだ―――女を見繕い、磨き上げる能力が。

そして――2ヵ月半ぶりに、特急【満潮】は本来の役割を果たす時がやってきた。
車掌としての通常業務にも、そろそろウンザリし始めていたところだ。
久々に燃え滾る想いを胸に秘め、俺は野望に満ちた笑みを浮かべた―――。



≪シナリオ・プレイ感≫
 何も知らずに列車に乗り込んできたヒロイン達を監禁・調教し、牝奴隷へと堕としていく話。
 ライターはチャック雅氏、まこっちゃ氏の2名。

 スタッフが思いっきり某たっちーのそれということで手を出してみましたが、なかなか良質な鬼畜凌辱モノだったように思いますね。拷問やら過激な暴力描写なんかは無く、テイストとしてはあそこまでハードではありませんが、ヒロインを貶め、尊厳を踏みにじっていく様は堪能出来たかと。



 全体的な流れとしては、獲物として目を付けたヒロインに何食わぬ顔で優し気に近づき、信用させたところで捕らえて監禁し、奴隷へと仕立て上げていく、といった感じですね。
 まあ、ほんの数日だけの付き合いで簡単に信用し過ぎだとは思いますが、あまりだらだらやってたら数日で目的地に着いて降車してしまいますし、何より凌辱がメインな作品でそちらにばかり力を入れられても萎えるだけですので許容範囲内でしょう。少なくとも、ヒロインがどういったキャラなのか、っていう下地はちゃんと描写してから行為に及ぶため、問題無かったと思いますしね。

 メインとなる凌辱のテイストは割と好みでしたね。何も知らずに乗った列車の中に監禁され、理不尽に犯されていくことに対しての悲壮感が良く出てました。
 ヒロインも終盤に奴隷化するまでは抵抗し続けてくれるのも良い感じですね。信用していた相手からの裏切りに抵抗しつつも、与えられる凌辱への恐怖に徐々に怯えていき、持っていたプライドに少しづつヒビを入れられ壊されていく様はそそられました。
 あと、調教の過程で他の男をけしかけて輪姦させたり、バッドエンドっぽいいくつかのエンドでは奴隷として客に納品したりしますが、普通に各ヒロインを重点的に犯してれば行き着けるであろう個別エンドなんかではヒロインを独占することになるのは良かったかなと。
 他人に貸し与えるくらいまでならまだ良いんですが、せっかく手に入れたオモチャをまるごと差し出すっていうのは好かないんですよねー。出来れば独占しておきたいっていう気持ちはやはりありますので。



 ただ、シチュとしては悪くなかったと思いますし、それなりに満足も出来たんですが、全体的に展開がワンパターン気味で単調なものとなっているようには感じましたね。
 ヒロインの数は多くてボリュームも結構ある方だとは思うんですけど、どのヒロインにしてもシナリオ展開・えちぃシーンでのシチュの方向性と似通ってしまっているんですよね。もうちょっと、人数が少なくなるとしてもヒロイン毎に違った展開にしてくれた方が良かったような。
 また、凌辱する側である主人公の立ち位置が絶対的に安全なものだったのも、単調さに拍車をかけてます。捕らえたら即拘束して特別車両に監禁、行動は全て巨大組織がバックアップしてくれてと、逆転されるだとかいったことが一切無いため、全体に渡っていまいち緊張感に欠け、シナリオ的にも起伏に乏しい感が強かったですね。

≪グラフィック≫
 原画家は桜島サロマ子氏(女史?)。
 CGは全112枚、差分は1〜14枚ほど。

 率直な印象としては、ちょっと地味なきらいが強かったように思えました。原画は良いと思うんですけど、塗りがいまいちぱっとしない、というか。全体的に暗めに統一されており、特徴が感じられない感が少なからず。たっちーの作風には合ってるんですけど、この作品には合ってない気がしましたね。
 ですけど、凌辱時の悲鳴を上げたり白目を剥いたりする際の表情の描き方は個人的には非常に好みで良かったですね。

 あと、出来れば劇中での感情の変化に合わせてメッセージウィンドウで表示される顔グラも変化させて欲しかったと思いますね。CGでは喘ぎまくり、表情を歪ませてるのに、顔グラでは一貫して平常時のっていうのはちょっと。

≪サウンド・ボイス≫
 ボーカル曲は無く、BGMは全8曲。
 BGMは暗めな曲調のものがメインですね。概ね普通、といったレベルで悪くはないですが、耳に残るというほどではなかったです。

 ボイスの方は特に問題なかったですね。皆さん良く演技されてるかと思いますね。泣き叫ぶ演技とか良い感じでした。

≪システム≫
 フルインストールで1.15G、ディスクレス起動可。

 最低限のものは揃えられてはいるんですが、ちょっと微妙なところはありましたね。結構セーブする箇所が多いのにクイックセーブ・ロードが無い、音声再生途中にウィンドウが消せない、バックログでの音声再生がクリックで読み進めても途切れない、などなどと。

≪えちぃ≫
 シーン回想は全104シーン。内訳は美樹:8、林檎:10、時子:11、夢:12、織枝:12、理沙:8、仁美:8、希美:8、久美子:8、翔子:8、その他:11。
 ヒロインA→Bの順で責めるところをB→Aと逆にしたり、テキスト差分だったりというシーンもいくらかありますが、それでもシーン数としては十分にある方でしょう。

 シチュとしては概ね凌辱がメインですね、当然ながら。各個別エンディングなんかだと双方同意だったりしますが。基本的には主人公(とその補助として美樹+仁美)とのもので占められていますが、全ヒロイン例外なく他の客に輪姦されたりもします。

 プレイ内容としてはフェラ、自慰、アナル、道具、各種体位、輪姦、SM、フィスト、といったところ。
 どのシーンでも大体拘束するなり痛めつけたりするなりして行為に及ぶため普通に犯すとかいうのは少ないので、ノーマルなのを求めてる人には合わないかもですね。浣腸なんかのスカや産卵プレイなど、結構アブノーマルなシチュがかなりの割合であることもあって。特にスカは全ヒロイン例外なくありますので苦手な人は注意。

 マイナスだったのはやはり、シナリオの項でも述べましたが、全ヒロインシチュが似通ってることですね。回想選択時のサムネイルがシーン毎のタイトルとなってますが、比べてみるとほぼ変わりが無いという。もう少し、ヒロイン毎に違った展開にして欲しかったかな、と。

≪気に入ってるシーン≫
美樹
媚薬を打たれたまま三角木馬に固定され、ビデオに撮られながら鞭で打たれる美樹/四肢を拘束されたまま巨大バイブで責められた後、更にフィストファックされ潮吹きしながら絶頂させられる美樹/奴隷エンド、無賃乗車した女達を主人公と共に責め嬲る美樹/妊娠エンド、ボテ腹を仁美に支えられ、車内放送をさせられながら挿入される美樹

林檎
座席に拘束され、客の見ている前でバイブ責め、そのまま浣腸され排泄させられる林檎/不自由な体勢で拘束され、美樹のアナルに入れられたリンゴを食べさせられ、更にフェラを強要された後、後ろから犯される林檎/妊娠エンド、客の見ている前でボテ腹のまま挿入され、絶頂する林檎→時子の腕でフィストファックされ、潮吹きしながら絶頂する林檎

時子
美樹に背中を鞭で打たれながらパイズリフェラさせられる時子/母乳の出る薬を打たれたまま客の前で犯され、出した母乳を客に飲まれていく時子/奴隷エンド、精神を病み、後ろから挿入されながら林檎の秘所を傘の柄で嬲っていく時子/妊娠エンド、ボテ腹のまま背面座位で挿入され、林檎と仁美に胸を弄られ母乳を飲まれながら、理不尽な言葉責めに絶頂させられる時子


拘束されたまま大量に浣腸を施され排泄させられ、更にアナルを犯される夢/拘束されたまま男子トイレの小便器に座らされ、イラマチオさせられる夢/美樹に押さえられたまま巨大バイブ責めされ、ディルドーを付けた織枝に犯される夢→持ち上げられたまま秘所に挿入され、後ろを織枝に犯されサンドイッチに絶頂させられる夢/奴隷エンド、誘い出され犯され泣き叫ぶ友人達を見ながら、織枝の指を抜き差しされながら挿入され、絶頂していく夢/妊娠エンド、夜のベンチの上で背面座位で挿入され、ボテ腹を織枝に撫でられながら絶頂する夢

織枝
拘束され、客の前でアナルをバイブで責められ、更に卵を大量にアナルに入れられ産卵させられる織枝/客の前で拘束され、全身を使って輪姦される織枝/妊娠エンド、陥れ誘い出した教師や友人達の前で拘束されたまま挿入され、夢に結合部を舐められながら絶頂する織枝

理沙
拘束されたまま美樹と仁美に押さえつけられ、開口器をはめられ強制的にアナル舐めさせられ、フェラさせられる理沙/後ろからアナルを犯された後、客の前で拘束され乳首にピアスを施され、フィストファックで絶頂させられる理沙/妊娠エンド、ボテ腹で分娩台に拘束されたまま挿入された後、フィストファックされ絶頂させられる理沙

仁美
男子トイレ内にて、美樹に押さえつけられて小便器を舐めさせられながら浣腸され、スパンキングされながら排泄させられる仁美→美樹に押さえられながら背面座位でアナルを犯される仁美/海辺にて、泥まみれになりながら輪姦される仁美/妊娠エンド、冷凍庫内で裸にされ、酒を浣腸した美樹のアナルを舐めさせられながら騎乗位で挿入される仁美

希美
ディルドウをつけた美樹と仁美に前と後ろを犯されながらフェラさせられる希美/ガラス越しに父親の姿を目の前にしながら後ろから犯される希美

久美子
拘束され、父親の目の前で犯され、処女を奪われる久美子/媚薬を打たれ、自慰をしながらフェラさせられる久美子/媚薬を打たれ、延々と全身を輪姦される久美子/奴隷エンド、担任を陥れ、彼女を押さえつけ嬉々として犯す手伝いをする久美子→処女を奪われ呆然とする教師に結合部を見せ付けながら挿入される久美子/妊娠エンド、美樹に支えられ、ボテ腹のまま犯され、更にフィストファックで絶頂させられる久美子

翔子
客の前で拘束され処女を奪われた後、泣きながら乗客たちに輪姦されていく翔子/衆人環視の中、拘束されたまま空気浣腸を施されたアナルを美樹に舐められ、その顔に放屁させられる翔子→大量の浣腸を施され、美樹の顔に排泄させられる翔子/巨大バイブを前と後ろに入れられたままワゴンに入れられ引き回され、声を抑えながら絶頂してしまう翔子→昂ぶらされたまま犯され、アナルを弄られながら絶頂させられる翔子/妊娠エンド、ボテ腹のまま挿入されるのをガラス越しに同僚に見られながら絶頂させられる翔子

≪総評≫
 凌辱モノとしては割かし良作に入る部類だったと思いますね。スタッフがスタッフなこともあり鬼畜色高めですが過去作と比べれば十分温い方ですし、極端なまでにハードでもないのでプレイしやすかったと思います。
 ですけど少なからず粗はありましたので、次回作以降の改善には期待したいですね。

 08/09/08


感想・コメントなどありましたらどぞ。



もどる