KANAGI
〜淫夢学園〜
Lilith Mist


学園生活、毎夜の夢、女生徒に流行する恋のおまじない、頻発する変死事件……少しづつ変質して行く現実。
主人公・かなぎの夢に魔性が宿るとき、学園に堕落の刻淫が侵食する!
やがてかなぎの級友、真琴、千佐登、順子を巻き込み、教室で、学生寮で、夢の中でも精神を魔性に浸す壮絶な凌辱が繰り広げられる!
果たしてかなぎは淫靡な悪夢から抜け出す事が出来るのか…!?


シナリオ・プレイ感
 穏やかな日常が、ある日を境にして淫らなものへと変質していく、という話。
 ライターはそのだまさき氏、フレーム氏、松本竜氏、栗栖氏の4名。

 毎晩見る淫夢に悩まされつつもそれ以外は平凡だった日常が、友人たちと行った『恋のおまじない』をきっかけとして少しづつ少しづつ淫夢とリンクしていき、その境界線を曖昧なものになっていくというシナリオの流れは、どうしても短めにならざるを得ない低価格帯作品としては十分に良く出来てる方だと思います。
 現実とかなぎの思考とがだんだんと淫夢に侵食されていく様子が上手く描写できていて、結構面白かったですね。
 ヒロインを堕とす際にも犯す→即堕落、ではなく、淫夢を見せたり男を宛がうなどしてまず下ごしらえした上で堕とすのは良かったです。

 淫夢を見せていた張本人の目的が、何故そうしようとしたのか……というのがいまいち語られてなかったりとシナリオの短さによる弊害もありますが、概ね気にならない程度のものだったかと。

 エンディングは、快楽からの誘惑に素直になって堕落したものと、それを拒絶したものの2つ。
 選択肢の数は少ないですし、特に難しくはないですね。大体2、3時間もあればコンプ出来ますね。

グラフィック
 原画家はせんばた楼氏。
 CGは全32枚、差分は2〜4枚といったところ。

 リリス系列での『奴隷メイドプリンセス』あたりの頃の絵柄と比べると、かなり上手くなってる印象を受けますね。
 目の下のクマが描かれる際、何だか妙に年を食ったように見えることがあったりしますが、それ以外のヒップとか胸の描き方は上手いです。

 時折挿入される膣やアナルの断面図もえっちくていいんですね。クンニの場面で差し込まれる舌と愛液を飛び散らせる膣壁の表現とか。
 欲を言えば、千佐登と真琴には膣改造シチュもあることですし、改造された状態でのものも欲しかったかなー、とか思ったりしましたけど。

サウンド・ボイス
 ボーカル曲はなく、BGMはサウンドモードがないため数不明。
 BGMは曲数はそれほどでもないと思いますが、取り立てて良い曲も悪い曲もないですね。シーンの雰囲気には合っていますので特に問題もなかったです。

 ボイスの方は春日アン嬢、かわしまりの嬢など、かなり上手な方が揃ってますね。濡れ場での荒い息の仕方だったり、フェラの音だったりと。

システム
 容量は560MB。
 スキップが遅め、シーン回想中、選択画面に戻れない+音声設定が出来ない、……といった辺りが不満点でした。
 まあ、リリス系列のいつものことではあるんですが、ここら辺は改善してほしいですね。

えちぃ
 シーン回想は全22シーン。内訳としてはかなぎ:10、順子:2、千佐登:2、真琴:3、3P以上:5。

 シチュとしてはフェラが結構多めですね。それに加えて輪姦やふたなり、触手など。
 膣内に触手を寄生させたりふたなりを生やしたりするなどの人体改造はいくらかありますが、ふたなり化以外はCGでは描かれない部分ですしそういった実感はあまりなかったですね。断面図が欲しかったところ。
 今作の主人公は女性ですので、主人公自身があれを生やしてヒロインを犯すのは完全に堕落させるときのみ、っていうのは良かったですね。毎回使ってたらそれこそ別に男主人公でやるのと変わりませんし、同性の指や舌で責め嬲られるというのがいいです。
 全体的に凌辱オンリーではありますが、淫夢の中だったり快楽に飲まれた状態だったりが多いため、痛がってる様子はほとんどなくてやりやすかったですね。

≪気に入ってるシーン≫
誘惑に負け、クラスメイトにフェラするかなぎと順子/淫夢の中、千佐登の胎内でふたなりを生やされ射精を禁じられたまま犯され堕落→千佐登の子宮を犯す順子/かなぎにクンニされ絶頂する千佐登/かなぎに押さえられながら、順子のふたなりで処女を奪われる千佐登/淫夢の中、触手を寄生させられ膣内をクリトリスだらけにされ、ふたなりで犯される千佐登/かなぎ、真琴のレズプレイ/かなぎに見られながら、処女のままアナルを男に犯させる真琴/膣内に亀頭を何本も生やされ、犯されて処女喪失する真琴/かなぎにフェラされる真琴→千佐登、順子を交えての4P

総評
 低価格作品としてはシナリオも割と面白く、えちぃシーンの方も悪くない出来の良作ですね。
 2000円の元は十分取れると思います。

 07/11/15


もどる