パルフェ
〜chocolat second blew Re-order〜


半年前、火事によって焼け落ちた喫茶店『ファミーユ』
そこに関わった人達の心に傷を残しつつも、段々と落ち着いた頃。
そんな折に、一つの電話が主人公、高村仁に舞い込んだ。


中世ヨーロッパの町並みを再現した大型ショッピングモール『ブリックモール』
そこに店を出さないかという提案。
周囲に反対されつつも、以前の仲間とともに、ファミーユを取り戻そうとする仁。

真向かいには、同コンセプトのアンティーク喫茶、『キュリオ』
圧倒的な差に、奮闘を余儀なくされる。

開店前夜、無人の店内に響く、澄んだ歌声。
声の主はバイト志望の少女、由飛。
突然舞い降りた天使のような彼女の笑顔と歌声に、
仁はなんとなく、何とかなりそうな気がしてしまう…。


シナリオ
 ライターは丸戸史郎氏。氏の文章を読むのは初めてでしたがテンポよく読める文章だと思います。
 各キャラクターの魅力を最大限に引き出していると感じました。
 前作『ショコラ』の二番煎じというタイトルを冠してはいるものの、前作とのつながりは時折出てくる程度ですので未プレイでも十分に楽しめます。
 
 欠点としては、マップ移動型であるためにイベントの整合性が取れていない時があることと、キャラ毎のシナリオに差があることでしょうか。里伽子シナリオとかすりシナリオを比べると……。

 Re-order版での追加要素は玲愛のキュリオ本店での出来事を描いた『curio』、本編開始前のファミーユ本店での物語『famile』、本編直前の各キャラの心情を描く『つまんない恋』の三篇。
 主に玲愛と里伽子に重点が置かれていると感じました。……人気の差?


グラフィック
 原画はねこにゃん氏。
 可愛らしい絵柄だと思います。淡く、線のしっかりとした絵柄です。
 たまにちょっと濃い目の塗り方のCGがあったりするのは気になりましたが、非常によく描かれていると思いました。

 えちぃCGの割合が全体の五割を占めているため、非常に多く感じました。その分日常シーンの方にももう少し割いて欲しかったかなと。そこら辺は移植に期待でしょうか。


サウンド・ボイス
 主題歌『Leaf ticket』、エンディング曲『つまんない恋』を合わせた全33曲。
 ボーカル曲はどちらも内容に合った良い曲ですがそれだけにエンディング曲が由飛シナリオ以外はボーカル無しというのは正直残念でした。

 BGMはピアノ調の曲がメインですね。出来としては普通なレベル。
 気に入っているのは『暖かい空気に包まれて』『夢のその先』でしょうか。

 声の方は可もなく不可もなく、といった感じ。
 もっと感情を入れて欲しかったというのが正直なところ。里伽子の告白の場面とか、もう少し感情を入れて欲しかったです。


システム
 未読・既読管理やホイールでのバックログなどの基本的なものは完備。
 ゲーム画面から直でセーブ・ロードが出来たり、コンフィグにて結構細かく設定できるなど、ユーザーを考えた作りになっているのが好印象です。
 クリアするとそのヒロインのシステムボイスが使えるようになるなどの遊び心も嬉しかったです。


キャラ別感想 (ネタバレ注意!)

高村仁

『だから…家族になろう?
 お前が卒業して一年後…三千百五十三万六千秒後に、一緒になろう?』


 主人公。欧風喫茶『ファミーユ』店長。

 周りから重度のシスコン、家族偏愛主義者と呼ばれるように、家族のことを何よりも大切に考える人。
 ファミーユの再開も、家族の象徴だったファミーユを取り戻したいという一心から。
 そのために大学を休学するのも辞さないなど、見ていて好感が持てましたね。
 里伽子シナリオではこの主義が物語の火種となりますが、それでも終始そのスタンスを変わらずに貫くのは格好良かったです。 


花鳥 玲愛

『証明して見せなさい…、私の、仁』 

 ファミーユの真向かい、『キュリオ三号店』のチーフウェイトレス。
 ファミーユの店長である仁に対しては敵愾心をあらわにしてくる。

 金髪ツインテール+ツンデレという物語中最も恵まれた属性を持つ人。キャラとしては一番好きですね。
 個別シナリオに入ってからのデレモードが凶悪。
 『ただの敵』から『共に高めあうライバル』、そして『恋人』へと変化していく関係は見てて微笑ましかったですね。

 シナリオはあまりにもまっすぐで真面目で融通の利かない彼女だからこその葛藤。
 作中でも唯一といっていい由飛の姉らしさや里伽子の策士振りなど、見所の多いシナリオです。

 エピローグは新生ファミーユの前での新たな門出。彼女の左手で輝く指輪。


雪乃 明日香

『雪乃明日香はごく普通に…、統計的に見ても、当たり前のように…、自然に、あなたを好きになりました』

 ファミーユのフロアスタッフ。仁の家庭教師としての教え子。

 せんせ、やてんちょ、といった舌っ足らずな台詞が良い感じに可愛いです。危うく家庭教師のバイトに申し込むところでした。

 シナリオは明日香の受験。このシナリオでは仁が格好良いですね。
 相手が好きだからこそ、強く想うからこそ突き放す終盤の流れは好きです。
 
 でも学園祭のやり取りでの…

『…お願い。助けて…助けててんちょぉ…』
『了解』
『え…?』
『ごめん…連絡取る前に出てたんだ。…信用して無いみたいで、ごめんな』


 …確実に狙ってるんじゃないかなー、と思ったのは絶対に自分だけじゃないかと。自分が女なら惚れますよ? こんなことされたら。

 エピローグは一年後、同じ大学への道を一緒に歩く二人。
 恋人と紹介されての笑顔は本当に可愛いです。


涼波 かすり
え〜〜〜ッ! わたし、男の人とつきあったのって仁くんが初めてだよ〜?

 ファミーユのパティシエールにしてフロアスタッフ。

 シナリオはかすりのパティシエールとしての成長。
 …他のヒロインと比べるとどうしても微妙に思えました。
 お菓子作りの天才である姉や恵麻に認めてもらうために奮闘したり、恵麻と対決するためにキュリオに移ったりと割と見所の多いシナリオだとは思うんですが、どうにもこのルートでは仁がヘタレに感じたのが大きいです。

 個別ルートに入り、いきなりえちぃ→自分はかすりさんのことをどう思っているんだろう?→そのままずるずると……といった展開は正直頂けなかったです。

 エピローグはそれぞれのファミーユへと向かう二人。


風見 由飛

『だから今、私の前にいるあなたに…、感謝と、憧憬と、全身全霊の愛を込めて…』

 開店前夜に仁と出会い、そのままファミーユのスタッフとなる少女。玲愛の義姉。
 
 歌いながら注文取るのは接客業としては正直どうなんだろうなーとは思いました。

 シナリオは由飛のピアノと、玲愛との絆がテーマ。
 由飛がファミーユに来た理由、玲愛との確執の理由が明らかになるシナリオです。
 玲愛が非常に格好いいです。姉のためにもう一度鍵盤に向かう姿に、ちょっと目頭が熱くなりました。

 小説では「自分と同じくらい出来ると思っていた玲愛が失敗したのにショックを受け、その部分を寸分違わず弾けなくなってしまった」という描写がされていましたが…無理がありません?
 ちなみに小説だとクリスマスに仁告白、そのままえちぃ→ベランダにて玲愛からのキス→由飛シナリオ→そのまま由飛、フランスへ行き、出番終了→玲愛エンドと、わりかし不遇だったりします。

 エピローグは音大の卒業式にて、精一杯の想いを込めた、仁のために送る歌。
 作詞・作曲、花鳥由飛。曲目――『つまんない恋』。


杉澤 恵麻
 
『良くない! 仁くんのためには、姉ちゃんじゃ駄目!
 …けど、けど……仁くんが、欲しいよ…っ!』


 ファミーユの総店長にしてメインパティシエール。仁の義姉で、亡兄の妻だった人。
 

 シナリオは、血は繋がっていなくても『姉』と『弟』であることへの葛藤。
 それまでのシナリオでのダメな姉から一変してシリアスな内容が展開します。人によっては結構引くんじゃないでしょうか。

 仁の兄と結婚したのは『仁の代わり』だったから。
 そうして彼女が望んだのは、仁の温もりという、たったそれだけのこと。
 正直、最低な理由だと思います。けれど、彼女にとっては最上の選択肢だったのだとも思います。

 エピローグはもう一度仁・恵麻・里伽子で始めるファミーユ。そして里伽子から恵麻への宣戦布告。
 ……最後の最後で里伽子が美味しい所を全部持っていったような気がします。
 仁のために『傷』を克服した執念も含めて彼女は強いな、と。


夏海 里伽子

『本当に…本当に…しょうがないなあ…仁はぁっ…!』

 仁の大学での同級生にして、以前のファミーユにおけるチーフウェイトレス。
 就職活動が忙しいため今回のファミーユへの復帰は断っているが、影からのサポートは惜しまない。

 『パルフェ』の真のヒロイン。
 彼女のシナリオでは「何故コンタクトをしないのか」「何故仁と一緒に食事をしないのか」「何故地味な服しか着ないのか」…そして「何故、他シナリオで率先して里伽子は仁の恋の鞘当てとなることを望んだのか」といったそれまでの全ての疑問が明らかになります。
 シナリオの核となるのは里伽子の背負った絶望や孤独、それに対する仁の贖罪でしょうか。
 この作品で私が最も感動したシナリオですね。というか力の入れ具合が明らかに他と違いすぎます。

 …里伽子がファミーユに戻らなかったのは、火災により利き腕が動かなくなったから。
 そうなった遠因は仁にありますし、普通ならば絶交モノです。
 それでも、憎悪を抱きつつもずっと仁の側にいて力になっていたのはただ、仁のことが好きだったから。愛しているから。

 …あまりにも良い女過ぎますね。『聖母』と仁は評していましたが、まさにその通りだと。
 それまでに撒いていた伏線の使い方も上手かったですが、それまで淡々としていた里伽子がその感情を爆発させ、『傷』の告白をする場面では衝撃を覚えました。
 ラストでの里伽子説得からエンディングまでの流れはこの作品で一番好きですね。最も心にキました。
 
 エピローグは治った左手で子を抱く里伽子。
 CGではノーマルエンドと変わりありませんが、そこに至る過程を考えればその重みは段違いです。

 『本当にしょうがねえなあ、里伽子は…』

 このシーンでの仁のこのセリフと合わせて、号泣しました。

 正直、里伽子をクリアすると他のシナリオを見る目は複雑になりますね。
 その『傷』を抱えて他のヒロインと結ばれるのを協力する彼女は何を思ったのでしょうか。
 そういう意味でも最後にこのシナリオをプレイし、『パルフェ』という物語を締めくくれたのは良かったです。


えちぃ
 一人につき三回。
 純愛ものとしては結構頑張っている方だと思います。

 由飛…キス・愛撫・対面座位(ファミーユ制服)/キス・愛撫・背面座位(キュリオ制服)/パイズリ・シックスナイン・後輩位・アナルS・正上位
 玲愛…愛撫・正上位(私服)/フェラ・立位(キュリオ制服)/愛撫・後背位(ファミーユ制服)
 かすり…
愛撫・正上位・手コキ(パティシエール制服)/キス・手コキ・正上位・後背位/キス・愛撫・シックスナイン・正上位(ファミーユ制服)
 明日香…
キス・愛撫・正上位(制服)/愛撫・背面座位(ファミーユ制服)/シックスナイン・パイズリ・後背位
 恵麻…
キス・愛撫・騎上位/愛撫・クンニ・正上位(セーラー服)/フェラ・後背位(パティシエール制服)  
 里伽子…
キス・プチ緊縛・愛撫・正上位(私服)/愛撫・フェラ(私服)/愛撫・騎上位・後背位(ファミーユ制服)


総評
 作品全体を通してのテーマである『家族』がしっかりと描かれた良作。
 内容としてはそれほど長くはありませんが、非常に密度の濃い作品と感じました。
 キャラ毎のシナリオの出来に差があるのが欠点ですが、それを差し引いても良い作品です。

 PS2版は買うべきでしょうか……。瑞菜含め二人追加はかなりおいしいとは思うんですが。



もどる