人妻をえっちで口説く方法


その人と初めて会った瞬間、一目で恋に落ちてしまった。
生まれて初めて好きになった人。でも、その恋は始まると同時に終わってしまった恋。
好きになったのは――親友のお母さんだったから!


夏休みに入ってすぐに、親友の富士野孝行(ふじの たかゆき)から呼び出された。
「え? えぇっ !? 皐月と一緒に旅行 !? 一週間も !?」
孝行の彼女であり、僕の幼なじみでもある皐月とふたりだけで旅行に行く計画を告げられてしまった。
ただ、計画にはひとつだけ問題が――
それは孝行の母親のこと。孝行と皐月が付き合っていることを快く思っていない彼女に本当のことを話しても、旅行を許してもらえるハズもない。そこで、僕と一緒に旅行に行くと嘘をついたと言うのだ。
そして――孝行の母親こそが……僕の初恋の人! 富士野清美(ふじの きよみ)だった。

そして孝行たちが旅行に出掛けたその当日、あっさりと清美おばさんに自分が自宅に居ることが発覚してしまう。
「どうして……どうして孝行と旅行に行った筈の雄祐君が家に居るの? 孝行は誰と旅行に行ったの !?」
答えに窮していると、いきなり皐月のお姉ちゃん・美代姉が現れ、面白半分に清美おばさんを煽ってしまう。

「分かったわ。それじゃ……雄祐くんが教えてくれるまで、オバサンここから動かないから」
なにがなんだか分からないうちに、清美おばさんと美代姉が泊まることになってしまった――

終わったはずの初恋。でも、実はまだ終わってなかった。
人妻との禁断の恋が、この日から始まるとは この時の僕は考えもしなかった。


≪シナリオ・プレイ感≫
 初恋の相手である人妻を話。
 ライターはフレーム氏。

 シナリオは低価格作品らしく短めですね。日常イベントをいくらか挟みつつ、短いスパンでえちぃシーンを展開させていくといった、いつも通りな構成で。
 ですけども、ヒロインの独白などにより人妻を落としていく、少年に篭絡されていく背徳感なんかはそれなりに描写出来てましたし、肝心のえちぃシーンもりゅうき夕海氏原画と相まってのは質量ともに悪くなしと、概ね良い出来だったんではないかと思います。

 タイトル通り、人並みの貞操観念を持った人妻をえっちぃことして篭絡していくという感じですのでいくらか凌辱的な面はあり、夫がいるすぐ側でだとか、息子と電話をしながらだとかいったようなシチュは少なからずあるため、『家庭のある人妻を寝取っていく』というテイストは結構出てたように思います。
 ですが、基本的に明るめな雰囲気で進んでいくためあまり暗い印象は無く、割かしプレイはしやすかったですね。低価格作品ということで絶対的にシナリオ量は限られてきますし、下手に話を暗くするような要素を入れて中途半端な仕上がりにされてもしょうがないですし、これはこれで良かったんじゃないかな、と


≪グラフィック≫
 原画家はりゅうき夕海氏。
 CGは全35枚、差分は1〜4枚ほど。

 立ち絵での胸のバランスが若干おかしかったり、ヒロイン間で体積違い過ぎだったりとか思えたりしましたが、CGの方は大体安定していましたね。この方らしい、可愛らしさとむちむちとした体の肉感とを両立している描き方で良かったです。
 以前に同じく原画を務めた『処女のシモベくん♪』とは違い今回は白目を剥き舌を突き出して涙や涎を垂れ流してのアヘ顔とかが結構あったりですが、個人的にはえっちかったと思いますね。

≪サウンド・ボイス≫
 ボーカル曲は無く、BGMは音楽鑑賞が無いので数不明。いつもながら、そんなに数は無いですね。
 BGMは概ね落ち着いた感じの曲調のものがメインでしょうか。質としては普通といったところですが、悪くはなかったように。

 ボイスの方も特には問題なかったと思います。キャラ的にも合っていましたし。個人的に深井晴花嬢ボイスは好きですし、そういう面でも満足でした。彼女の声はこういう年上キャラで映えますね。

≪システム≫
 ダウンロード容量は370MB。
 リリス系列のいつも通りなシステムですね。プレイしていて基本的にはそれほど問題無いんですが、やっぱり回想シーンでメニューボタンが機能しないのが不便ではありますね。コンフィグが行えなかったり回想選択に戻れなかったり。

≪えちぃ≫
 シーン回想は全24シーン。内訳は清美:17、美代:4、清美+美代:3。

 大体のシーンを占めるのはメインヒロインである清美とのシーンですね。家族のいる人妻を快楽により堕としていくというものですが、概ね雰囲気としては明るめですし、ヒロインの方も欲望に逆らえずに流されてといった風なのでそんなに暗さはありません。
 で、サブヒロインである美代とのシーンは主人公が自分から責めていく清美のとは逆に、彼女の方から迫り、誘惑してきて、といった感じですね。

 プレイ内容としてはキス、愛撫、フェラ、自慰、手コキ、シックスナイン、各種体位、アナルといったところ。
 アブノーマルなものはそれほどなく、概ねオーソドックスなのが多めですね。夫や他の人がいるすぐ側で、見つかるかもという羞恥を煽りながらっていうのが結構多かったです。どのシーンもそれなりに尺は用意されてますし、概ね満足行く出来だったと思います。

≪気に入ってるシーン≫
清美
美代の眠る横、眠っていると思い込んだ主人公のモノを取り出し、手コキしていく清美/浴衣をはだけ、秘所を指で愛撫されながらのキスに耽る清美→対面座位で抱きつきながら何度も射精され、連続絶頂させられる清美/エプロン姿で料理をしながら下着を下ろされ、夫がすぐ近くにいる中秘所を責められる清美→トイレ内、背面座位で挿入され、夫の気配を感じながら絶頂し、失禁する清美/夫の眠るベッドの側で持ち上げられ、後ろから責められる清美/体操服とブルマを着せられ、自分で胸を揉みながら騎乗位で挿入される清美/裸エプロンを着て息子と電話で話しながら後ろから挿入される清美→腕を縄で拘束されながらアナル処女を奪われ、精液まみれになりながら連続で絶頂させられる清美→精液に汚れたモノに夢中でお掃除フェラしていく清美/自分からシックスナインの体勢になり、クンニされながらパイズリフェラ奉仕に耽る清美→正常位で挿入され、名前で呼び合いながら抱かれる清美

美代
クローゼットに手をつき、中にいる清美に見られながら自分から誘って後背位で挿入される美代/自分で尻たぶを掴んで誘い、アナルへと挿入される美代

清美+美代
清美に掴まりながら後背位で挿入され、中出しで絶頂していく美代→背面騎乗位でアナルに挿入されながら美代に秘所を指で弄られ、失禁しながら絶頂する清美/茂みの中、浴衣を着たままダブルフェラし、ぶっかけられる清美と美代→息子が彼女としているところを覗きながら、孕まされボテ腹になった体に背面座位で挿入され、母乳を美代に飲まれながら絶頂していく清美

≪総評≫
 短めではありますけど、りゅうき夕海氏原画の良さもあってえちぃシーンの質は安定して良い感じの出来に仕上げられてますね。人妻を快楽でどろどろに蕩かせていく、っていうのを手軽に楽しめる作品だと思います。

 08/12/09


感想・コメントなどありましたらどぞ。



もどる