オリオンハート
〜淫辱のスク水セーラー戦士〜


滅ぼされたはずの魔族が、再び少女達に忍び寄る!

かりそめの平和に身を置き、ほのかな恋心に心を焦がすオリオンサンズ。
その純真な心を、宿敵ギルダートが踏みにじる。

思いを寄せる少年は魔族にその体を乗っ取られ、愛おしい男の姿で少女を蹂躙する。
少年を助けたい一心で、二人はその無垢な肉体を魔族へと差し出す……。


≪シナリオ・プレイ感≫
 ライターは桃野衿氏。
 
 最近よく出るようになった二次元ドリームノベルス原作作品ですね。内容としては原作のその後を描いた後日談でしょうか。倒したはずの敵に想い人の少年が取り憑かれ、彼を人質に取られて抵抗することも出来ずに凌辱されていく、といった流れ。
 とりあえず、シナリオ性についてはほぼ皆無と言っていいですね。凌辱されるまでの経緯がオープニングでいくらかあるくらいで、それ以降はほとんどインターバルを置くことなくえちぃシーンがエンディングまで連続していく構成。気が付いたらいつの間にか堕ちてますし、堕ちていくまでの過程の描写は薄めです。



 と、シナリオ面での見所は特にありませんでしたが、メインとなるえちぃシーンの出来は割かし良かったことですし、プレイ感としてはそんなに不満は無かったですね。
 質尺は割かしあったとは思いますし、シーン数も20と、低価格帯ソフトとしては十分なボリュームだったと思います。さえき北都氏の原画も良かったですし。
 全体的に異種姦、輪姦分多めなのでそこらで人を選ぶでしょうが、そこら辺を許容出来るんであれば概ね満足出来るかと。

 ただ、正直どうよと思うのは、変身ヒロイン凌辱モノ原作でありながら変身した状態でのシーンの割合がかなり少なめなこと。
 原作で力を使い果たしてしまいもう戦う力がほとんど残っておらず、ただ変身することが出来るだけと変身する必要性が薄いこともあってなのか、大部分のシーンが変身していない状態、制服や体操服でのもので占められてます。一応変身してのもあるっちゃありますが、20シーンの中の4シーン程度と、ぶっちゃけコスプレ的な意味合いのが強かったですね。
 なので、『ヒロイン凌辱モノ』を望むのであれば問題ないものの、『変身ヒロイン凌辱モノ』と期待してるとちょっと不満に思うところはあるかもしれません。
 まあそこらを除けば個人的には概ね良かったと思いますが、流石にもうちょっと割合多くしてもとは。わずか5分の1とか。せめて5分の2くらいは。



 あとちょっと不満だったのはエンディング周り。
 最後の調教が終ったらそのままスタッフロールに入りタイトルへと直行するため、ちょっと尻切れ感がありましたね。出来ればその後の完全に堕落した姿でのシーンとか入れてもらいたかったですね。悪役やふたなりを生やされた親友により孕まされてのものとか。
 加えて、ヒロイン2人それぞれに快楽・苦痛・露出のどれかの方向で堕としていくことになるんですが、出来ればエンディングもそれに則したものにして欲しかったですね。どれを選んでもエンディングに影響が無いのは残念でした。
 まあ、原作での二次元ドリームノベルス特有のなんちゃってハッピーエンドは不満でしたし、ヒロイン堕落エンドオンリーなのは良かったと思うんですが。

 それまで散々犯して屈服させておいて残り数ページってところで唐突に奇跡が起こって形勢逆転してハッピーエンドで終了とか、正直好かないんですよね。堕とすなら堕とすで最後まできっちりして欲しい、というか。中途半端に救いを与えられるのを見せられても萎えるだけなんですよね、読んでる側としては。そういう展開見る度ライターの自己満足にしか思えません。

≪グラフィック≫
 原画家はさえき北都氏。
 CGは全20枚。割合としては優夏:10、葵:7、優夏+葵:3。
 差分は1枚につき10枚程度ですね。

 原作小説と同じ方ということもあり、原作での雰囲気を損なうことなく描かれてましたね。リキッド風の塗りもあって肉感や汁気も上手く出てましたし、全体を通しても崩れることなく安定して良い感じだったかと思います。というか正直、最近のでは一番質が安定してたような。

≪サウンド・ボイス≫
 ボーカル曲は無く、BGMは音楽鑑賞が無いので数不明。
 とりあえず、BGMは作風通り、概ね暗めな曲調のものが多めですね。質としては悪く無し。
 というか、『催眠凌辱学園』とかの系列ブランドの他作品で聞き覚えのあるようなのがちらほらとありましたね。

 ボイスの方も特に問題なし。芹園みや嬢、倉田まりや嬢といつもながら良かったですね。葉月としても好きな声優さんですし満足でした。

≪システム≫
 フルインストールで360MB、ディスクレス起動可。
 ネクストン系列のいつものシステムですね。毎度のことではありますが、右クリックがメニュー固定なため実用面でやや不満。ウィンドウ消去も出来るようにしてくれるとありがたいんですけどねー。

≪えちぃ≫
 シーン回想は全20シーン。内訳は優夏:10、葵:7、優夏+葵:3。

 ほぼ全てのシーンは強制されての凌辱ですね。想い人や親友を盾にされ、抵抗することが出来ずに悪役や呼び出された魔物、けしかけられた男たちによって犯されて、といった。
 後は完堕ちしての和姦とか堕ちたヒロインによっての凌辱などがいくらか、という感じです。
 全体的に媚薬などを使われてのものが多めとなっており、快楽で堕としていくテイストが強めですね。

 プレイ内容としてはフェラ、パイズリ、自慰、各種体位、異種姦、輪姦といったところ。悪役や男たちによっての凌辱、魔物などによってのとが大体半々の割合といった感じですね。あといくらかふたなり化、クリトリス肥大化なんかの軽めの肉体改造なども。
 シーン中の着衣は制服、体操服、水着などが多めですね。あとは変身してのが一応なんぼかある程度。

 とりあえず、変身してのシチュが少なく変身ヒロインモノとしてはどうかと思う部分はありますが、そこらさえ気にしなければ異種姦、輪姦と質尺ともに悪くは無いですし、概ね満足行く出来だったかと思います。

≪気に入ってるシーン≫
優夏/オリオンサンズ
ヒルの魔物が一杯に敷き詰められた水槽に入らされ、子宮とアナルに大量に入ったそれの出す媚薬に狂わされながら全身を弄られて快楽責めされていくオリオンサンズ/巨大な蜂の魔物に掴まれ、宙に浮きながらその針を挿入され媚薬に毒されながら犯され、産卵された卵を産み落とさせられる優夏/卑猥な格好で町を歩くのを強制され、膣とアナルに入れられたウナギ型の魔物に体内を犯されながら、それを見つけた男達へ延々とフェラ、手コキ奉仕させられる優夏/↑のヒルを長時間子宮に詰められたまま延々と責められ、媚薬に狂わされた体に逆らえずに自分から挿入を懇願、ヒルにアナルに侵入ながら子宮まで犯されていく優夏

葵/オリオンムーン
サキュバスにより肥大化させられたクリトリスを弄られながら、2体の魔物によって絶え間なく犯され連続絶頂させられる葵/肥大化させられたクリトリスを操られた友人によりフェラされながら犯される葵/水着を引きちぎられ、まんぐり返しのままアナルへと挿入され、失禁した尿を体に浴びながら絶頂、更にアナルに挿入されたまま秘所をフィストファックされ、その苦痛と快楽に来るっていくオリオンムーン/窓の側で持ち上げられながらアナルを犯され、それを見つけた教師達により秘所と口とを犯されていく葵

優夏+葵
完堕ちし、自分から男たちを誘って挿入されながら嬉々として手コキ奉仕し、ぶっかけられていく優夏、優夏の上に重ねられ、堕ちた親友の姿を見せ付けられながら犯され、精液まみれにさせられていく葵/堕ちた優夏に押し倒され、ふたなり化させられた彼女により犯され、諦念の中屈服し、全身に親友の精液をかけられていく葵

≪総評≫
 変身ヒロインモノなのにヒロインがほとんど変身することがなく、変身ヒロイン凌辱モノが原作としては何か間違っているような気はするものの、そこら辺に目を瞑れるんであれば低価格としては十分な出来ですね。質尺、シーン数と。
 とりあえずはまあ、さくっとプレイ出来るような凌辱モノを求めるんであれば概ね満足出来るかと思います。

 09/04/02


感想・コメントなどありましたらどぞ。



もどる