淫堕の姫騎士ジャンヌ
〜オーガの仔種を注がれる気高き姫!〜


美しい小国リブファール── 高原の湖岸に位置するこの国には、天使の血をひくといわれる美しい姫が住んでいた。その王女ジャンヌ・グルノーブルは、剣技にも魔法にも優れた才能を見せる若き姫。
リブファールは平和な国だったが、最近、野蛮な亜人オーガ達の侵攻を受けるようになっていた。先頭に立ってオーガたちを撃退するジャンヌだったが、オーガたちを影で操るダークエルフの奸計にかかり、妹姫のユーワをさらわれてしまう…。
愛する妹を人質に取られたジャンヌは、単身ダークエルフのアジトに乗り込むが、それは綿密に計画された罠だった!
妖しげな調教を受けることを了承させられてしまうジャンヌ。容赦のない調教は、城内で、街で、暗い地下室で、ありとあらゆる場所でおこなわれ、彼女の肉体と精神を変容させていく。
──オーガの子を胎むその日まで。


シナリオ・プレイ感
 妹をさらわれ、オーガやそれを率いるダークエルフによって凌辱されるお姫様の話。
 二次元ドリームノベルス原作であり、ライターは原作通り筑摩十幸氏。サブライターとしてでぇすて氏と松木涼氏。
 原作著者ということで、読む感じはまんま官能小説ですね。ねっとりとした書き方で文句なしな出来でした。

 ゲームの方はジャンヌ、ユーワ、セリーヌの誰を調教するか、ジャンヌの場合はどんな調教をするかの選択肢を選んでいくだけです。
 妹であるユーワと母親セリーヌのルートは一本道ですのでただ選んでいけばいいだけで簡単ですが、ジャンヌには結構エンディングが用意されているためそれなりに難しめですね。

 原作の方は一巻はともかく、結果的には二次元ドリームノベルスのご多分に漏れずなぜか唐突にラスト数ページで奇跡が起きて逆転するエンドでしたが、ゲームの方は堕落エンド多めです。
 一応そういった逆転エンドはあったりしますが、こちらではハッピーエンドですら敵を倒し恋人と結婚→敵に調教された体の疼きが抑えられずに同じく調教されていた母&妹から調教を受けたりします。
 悪癖をえちぃに昇華してるあたり好印象でしたね。

 ユーワ、セリーヌは結構早めなものの、基本的に一部エンディング以外ではジャンヌは精神的に堕ちることはありません。
 そのため、気高い王女としての高潔さを残しながら、諦めと快楽に染まっていく姿を長く堪能出来ましたね。特に改造エンドでの気高くありながら快楽に堕ちきる場面はぞくぞくしました。
 ですのでそういったシチュが好きな方にはたまらないかと思います。

グラフィック
 原画も原作通り亀井氏。原画は93枚と結構多めですね。差分は5〜8枚くらいでしょうか。
 同じタイプの調教でCGを使い回しするっていうのはなく、一つ一つ別々のCGなあたり凝ってますね。フェラチオ一つとっても7つあったりと。
 特に崩れることもありませんし、気になることはないでしょう。汁気も十分ですし。

サウンド・ボイス
 ボーカル曲はなく、BGMは全20曲。
 BGMはピアノ調の曲が多めですね。ゆったりとした落ち着いた曲調のと、凌辱シーンなどのための暗めな曲調と。
  ボイスの方も特に問題はなく、上手いかと思います。

システム
 フルインストールで1.5G、ディスクレス起動可。
 気になったのはシーン回想中に回想選択へと戻れないこと、バックログがメッセージ単位で使えないことといった程度でした。

えちぃ
 全81シーン。
 内訳はジャンヌ:43、ユーワ:10、セリーヌ:10、エンディング+その他:18。
 まあ当然ではありますが、ジャンヌのシーンがほとんどを占めてますね。

 シチュとしてはフェラや国民の前での露出、娼婦として国民や家臣に犯されるなどといった、調教モノにおいてはオーソドックスなのはほぼ網羅してますね。
 ですがその中でも大部分を占めてるのはやはり、タイトル通りオーガによる輪姦シチュでしょう。子宮に埋め込まれた寄生体によってオーガの精液を求めるように改造され、心は気高くありつつも求めてしまうシチュは非常に良かったですね。
 あと、いくらか獣姦もあったり。エンディングも用意されてます。

 ユーワとセリーヌについてはユーワは大体ダークエルフとの一対一での調教、セリーヌはオーガからの輪姦に加えて、性感帯であるアナルを、といった感じ。
 ジャンヌと比べシーン数は少ないものの、尺は普通に用意されてますし問題ないでしょう。

≪気に入ってるシーン≫
口唇奉仕5、娼婦としてオーガに奉仕するジャンヌ/仮面娼婦2、家臣に娼婦として奉仕させられるジャンヌ/アナル開発3、アナル自慰、アルコール浣腸させられ、アナルを犯されるジャンヌ/鼻フックされながらオーガの足を舐め、触手によって放尿させられるジャンヌ/野外放尿1、街中で放尿させられるジャンヌ/野外放尿2/口唇奉仕7、オーガの精液を心から求めるジャンヌ/爆乳化され、搾乳機によって母乳を絞られるジャンヌ/モンスターに敗北、犯されながら天使の羽を剥ぎ取られるジャンヌ/精液風呂へと漬けられ、更に精液を求めるジャンヌ/ユーワエンド、ユーワの奴隷へ堕とされるジャンヌ/ギドーとラブラブエンド、ギドーに見も心も捧げたジャンヌ/逆転エンド、ユーワ、セリーヌに犯されるジャンヌ/改造エンド、木生態に取り込まれたジャンヌ/オーガの母エンド、自分の産んだ子により犯され、孕まされるジャンヌ/獣姦エンド/

総評
 ファンタジー系調教モノとしてはかなりレベルの高い作品。
 小説原作のはそれなりに出ているものの、その中でも抜きん出た出来ですね。
 大体6000で買える割に、ボリュームもかなり多めです。

 07/07/18


もどる