淫妖蟲 蝕
〜凌触島退魔録〜


夏休みも終わりに近付いたある日、退魔屋本舗黒猫支店に1本の電話が入る。
とある孤島で、海水浴に来た客が神隠しにあって困っているので、調査して、もし妖魔が原因なら退治して欲しい、という話。
どこにも遊びに行けなかった深琴達は大喜び。
伝承により、女退魔師しか入れられない孤島へと、深琴と武と水依は妖魔退治に向かう。
島にいる間、3人は依頼主でもある島長の家に世話になることになる。海水浴を楽しみ、しばし学生気分を満喫していた一行だったが、閉鎖的な島で調査と妖魔退治を続けるうちに、事件の背後に潜む強大な妖魔の存在に気付き…。


シナリオ・プレイ感
 妖魔退治の依頼を受け孤島を訪れた少女たちが凌辱される話。ライターは秋華氏。
 
 周回を重ねるごとに、前週では出なかった選択肢や今まであった選択肢に新たなものが追加されていく形式です。
 で、週を重ねるごとにそれまで見れたバッドエンドの更に先が見れるようになっていきます。
 間違った選択肢がバッドエンドとイコールですので、難易度としてはそれほど高くはないですね。
 
 3週したところまでの全てのバッドエンドを見るとタイトル画面から『桜花の場合』という桜花・菊花ルートが選択出来るようになります。
 更にそのルートでのエンドを全て見ると4週目の最後に新たな選択肢が発生、それによって最後のエンドを見ることが出来るように。

 そのためフルコンプには4週かかり、しかも基本的に同じシナリオを繰り返すため正直面倒になってきます。
 シナリオとしては抜きん出ているわけでもありませんし、えちぃシーン目的であればセーブ当ててもさほど問題はないんじゃないかと。


グラフィック
 原画はあおじる氏。CG枚数は79枚と少な目ですが、えちぃシーンのは差分が10〜20枚とあるので気になることはありませんね。

 正直、ここまでえちぃシーンでの表情をエロく描ける原画家は少ないと思います。快楽に呆けた顔のエロさがたまりません。
 精液や汗、涎、愛液といった汁全般の徹底した書き込みが非常にエロを引き立たせてくれますね。もうドロドロ。
 まあ、鼻水まで書き込まれてるのはキツイ人もいるかとは思いますが。


サウンド・ボイス
 主題歌『Feeling This』と、BGM19曲。
 BGMはほのぼのとした曲調のと陰惨な曲調のがだいたい半分ずつです。
 ボイス含め、特に問題もないですね。

 効果音については触手の擦れあってぬめる音や、挿入音などのぐちゃぐちゃとした湿り具合がシーンを引き立ててますね。


システム
 フルインストールで2G、初回起動時にディスクが必要ですが、その後はディスクレス起動可能です。

 バグのため、BGMが鳴らないときがあったりアンインストールが出来ない仕様だったりします。パッチを当てれば解決しますので早めに当てるのがいいです。
 それ以外だと、マウスホイールを上に動かしても下に動かしてもバックログなあたりは気になりましたが、特に問題はなかったかと思います。


えちぃ
 シーン回想は84シーン。
 全シーンの9割方が触手や化物による凌辱です。人間相手のは輪姦がいくらかある程度ですね。
 
 バッドエンド直行というせいもあってか、容赦なんてものはひとかけらすらありません。輪姦、フィストファックなどはまだ序の口。レッグファックなんて初めて見ました。そんなのしょっちゅうあっても困りますが。
 あとは膨乳化や幼女化などの肉体改造なんかも豊富ですね。子宮を初めとした内臓を引きずり出されて食べられ、死ぬ寸前で触手でそれらを代用、不老不死にして永遠に家畜化とかヤバ過ぎです。

 触手に関しては孕ませ、出産がメイン。蛆虫、蜂、ナメクジといろいろ。
 基本的に快楽漬けにされた後のため、痛々しさとかは感じられないので割かし見ていてキツくなるとかいったことはなかったですね。
 不老不死で何をされても死ななくなった少女に対しての内臓貫通とかはうわー……とか思いましたけど。

≪気に入ってるシーン≫
発情させられ、海中で見知らぬ男に処女を奪われる深琴/処女喪失後、砂浜を引き回される深琴/更衣室にて深琴輪姦/ふたなりを武に弄ばれながらフィストファックされる深琴→武にフィストファックする深琴/快楽に負けフェラする深琴/膨乳化された胸へフィストファック→そのまま出産させられる深琴/発情し見知らぬ男たちに嬲られる武/トイレにて武輪姦/ぶっかけられながら触手に犯される武/巨大蛆虫に犯され、妊娠、出産させられる武/口から体内に入り込んだサナダ虫触手をアナルから引きずり出される武/膨乳化され、搾乳される水依/苗床とさせられ、妊娠出産を繰り返させられる三人


総評
 正直、これと比べたらそこらの凌辱モノがぬる過ぎに思えます。そのぐらい徹底した凌辱系作品。前作も十分なほどでしたが、今作はそれすら上回ってますね。
 触手・異種姦モノが嫌いでなければぜひやっておくべきでしょう。

07/06/08




もどる