淫夢学園
「だめ…こんなになっちゃうのは夢の中だけなの…!」
ルネ


主人公はとある学園に通う普通の学生。同じ学園に通っている名家の美人姉妹に憧れを抱いているものの、あがり症のため話し掛けることもできず、ただ眺めているだけだった。
そんなある日、保健委員の主人公が憧れの美人姉妹の妹『まゆり』を治療することに。しかしあがり症が原因でまともな治療もままならない主人公に、まゆりは呆れて保健室を去っていく。
その一部始終を見守っていた保健教師『涼子』から手渡されたのは「いい夢がみられるペンダント(お守り)」だった。
その夜、ペンダントを握り締めたまま眠った主人公。目を覚ますと、なぜかそこはまゆりの部屋だった…。ベッドの上ではまゆりがすやすやと寝息を立てている。強烈な情欲に襲われた主人公は、ベッドで寝息を立てていたまゆりに襲いかかる!そして主人公に処女を奪われてしまったまゆりは、何度もイカされ、最後には失神してしまう。
翌朝、何事も無かったように目覚めた主人公。昨晩の出来事が夢であったことにホッとすると共に、憧れのまゆりを穢してしまったことに罪悪感を覚えるのだった。
そして授業中。昨日の悪夢のせいか、強烈な睡魔に襲われる。すぐに目覚めるものの、どこか教室の雰囲気がいつもと違い、主人公とまゆり以外の人間は2人のことが目に入っていない様子。
そうか、これも夢なんだ! 夢ならばと、昨晩のように情欲のまままゆりを激しく犯す主人公。まゆりの助けを求める声が響く中、いつもどおりの授業が続くのだった。
それから、まゆりと淫夢に耽る日々が始まる。全ては夢の中の出来事…のはずだった。だが、まゆりは現実世界でも処女のまま淫欲に目覚めていく。
夢が現実になる? それがペンダントの力によるものだと気付いた主人公は、彼女の姉や親友達までも淫夢へと、そして逃れられない肉欲の深みへと引きずり込んでゆく。
夢を現実にするペンダントの秘密とは? 淫欲の宴の果てに主人公たちを待つものとは?


≪シナリオ・プレイ感≫
 他人の夢の中に入り込めるペンダントをもらったので、普段声も掛けられないヒロインとの夢を好き放題見ていく話。
 ライターはK-TOK氏、春日晶氏、桃梨蜜柑氏、大神キリン氏の4名。

 夜毎見せられる淫夢により、少しづつ現実での精神が侵食させられていく……って感じのを期待していたんですが、終盤ぐらいにならないと主人公に夢を利用してヒロインを堕とそうとする意識が芽生えないため、そういうのについては微妙ですね。
 ただ淫夢を見られるようになるペンダントをもらって、それを使って手当たり次第に今まで高嶺の花だったヒロインたちとのえっちぃ夢にひたすら興じる展開が長々と続いていきます。
 で、そういった流れが終盤まで共通ルートとして続き、思い出したように夢と現実がリンクしていることに気付く→ヒロインを堕とそう、という展開に。
 ここからようやく夢と現実がリンクしていくんですが、2、3回程度現実で犯しただけで速攻堕ちるため、正直味気無かったですね。
 ……というか、シナリオを構成する大部分が主人公の妄想っていうのはどうよと思うんですが、流石に。

 全体的に、シーン終わる→繋ぎの日常イベント→次のシーン、といった風にシーン同士をつぎはぎしたような感じですね。日常イベントは淡々としていて特に面白いものでもなく。
 また、中盤に入って以降はそれまであった日常描写が全く無くなり、ただ誰との夢を見るかを選ぶだけになっていったりと、シナリオとして見るものは無いと言っていいかと。

 ……とりあえず、シナリオとしては弱めでも、えちぃ方面は及第点ではありましたしそこまで悪くは無い……そう思っていた時期が、葉月にもありました。それらを逆転するぐらいにオチがひどいですね。
 全員攻略した後エピローグが見れるわけなんですが、そこで見れるのがそれまでのプレイを全否定する夢オチとか……。

 まあ、確かにタイトルの時点で『こんなになっちゃうのは夢の中だけなの』とか一応明言はされてるんですが、普通そうは取らないだろ、と。むしろ夢の中だけだったのがその影響で現実が侵食されていく、みたいなのを想像していたのでかなり肩透かしだったというか。
 確かに嘘は言ってないですし、そういうのをこっちが勝手に期待してたと言えばそれまでではあるんですが、後味が悪かったっていうのは否めませんでした。

≪グラフィック≫
 原画家はスカイハウス氏。
 CGは全84枚、差分は1〜5枚程度

 CGはそれなりに質が高いように思えましたが、その分立ち絵がちょっと微妙な気がしましたね。
 サブとメインの原画家毎の技量の差が露骨に表れるっていうのもありますが、メインで描かれてる方のがCGのと比べて塗りがいくらか濃い目なのと、頭と顔のバランスが少し悪いように見えるせいか。

≪サウンド・ボイス≫
 ボーカル曲はなく、BGMは全9曲。
 特に悪い曲もない、平均的なレベルといったところ。暗めな曲調のものばかりですね。

 ボイスの方は青川ナガレ嬢、未来羽嬢、深井晴花嬢に風華譲と、鉄板どころばかりですね。そこに惹かれてしまったのがここにひとりばかり。

≪システム≫
 フルインストールで1.47G、ディスクレス起動可。
 マリゴールド系列のいつものシステムですね。特に使い辛いと感じるようなことはなかったです。


≪えちぃ≫
 シーン回想は全57シーン。内訳としてはまゆり:15、あいか:10、柚香:9、清音:10、侑子:9、涼子・他:4。
 一応、シーン回想には載らないものがこの他で数シーンだけありますね。

 シチュとして、大半を占めているのはヒロインとの淫夢(≒主人公の妄想)の中でのものですね。衆人環視の中、犯されようと誰も気にしない空間の中での挿入するが多め。
 夢の中ということでやりたい放題にやってるようなのはそれほどなく、大体はパイズリやフェラ、自慰と、オーソドックスなのがメインですね。
 変わっていたものとしては、お姫さまとして犯したりといったのや触手凌辱、妊娠したボテ腹でのぐらいでした。

≪気に入ってるシーン≫
犬のように散歩させられ、アナルを犯されるまゆり/ボディペイントされたまま、挿入されるまゆり/浣腸され排泄、アナルを犯されるあいか/ボテ腹の柚香との騎乗位/フェラし、出された精液をグラスで飲み込む清音

≪総評≫
 そこまで悪い作品ではないものの、オチがそれを完全に締め落としてしまってる作品。何を思ってああいう結末にしようとしたのか理解出来ません。
 あと、淫夢による現実の侵食、みたいなのを期待してると裏切られること必至です。

 08/03/03


もどる