汗濡れ少女美咲
「アナタのニオイでイッちゃう!」


「や……ああ……もっと……もっと臭い嗅がせてぇ…………」

鈴木拓也(主人公)は、どこにでもいる普通の学生だったが、常人にくらべて非常に汗っかきなためワキガや体臭などがキツく、クラスメイトの女子には嫌われていた。主人公自身はクラスメイトであり、陸上部に所属する佐藤美咲にほのかな恋心を抱いていたが、やはり美咲本人にも「臭い」といわれて馬鹿にされた過去を持っていた。
そんなある日、体育の後、ロッカールームに自分の体操服を忘れてきたことに気付いた主人公がひと目につかないように放課後に回収にいったところ、ロッカーの扉が開いており体操服はなくなっていた。不思議に思う主人公の耳にどこからか女の子の声が響いてくる。

「はぁ、はぁんっ……わ、たし……こんな、いけないコトっ……」

聞こえてきた声のもとをたどっていったところ、ロッカールームの奥で憧れの美咲が自分の体操服の臭いを嗅ぎながらオナニーしていた!
突然のことに驚く主人公だが、いつも自分を馬鹿にしていた彼女への仕返しのチャンスと携帯で彼女の痴態を撮影する。シャッター音に気付いた美咲は驚いたものの、丁度絶頂に達しそうだったため、主人公の存在に気付きながらも声をあげてイッてしまう。

「み、見られてるのにぃ! ら、らめぇぇええええええっ!!」

オナニーを目撃されたことと、普段馬鹿にしていた主人公の臭いに興奮していたことを知られたショックで放心状態の彼女に対し、「このことを暴露されたくなかったら言う事を聞け」と彼女の弱みに付け込み処女を奪ってしまう。
美咲もオナニーの余韻が残っているのか、主人公の体臭を直で嗅いでしまったせいか、二人は絶頂に達してしまう。

……緩い鎖に繋がれた二人の淫靡な放課後の関係は、こうやって始まったのである。


≪シナリオ・プレイ感≫
 自分の体操服の匂いで自慰するヒロインの写真を盾に、関係を迫っていく話。
 ライターはshow-ziii氏。

 一応、ヒロインの弱みとなる写真を盾にして脅迫し、関係を重ねていく……という流れではありますが、実際はそういった暗めな雰囲気は希薄と言っていいくらいですね。というか、ほぼないような。

 ヒロインである美咲は最初から主人公の体のかほりに腰砕けになっているため、口ではいやいや言いつつも心から嫌がっているというわけではないため、凌辱というほどでは。
 話が進んでいくと、悪態をつきながらも素直じゃない様子で自分から主人公のところに来るようになり、最後にはむしろ彼女の方からえちぃをせがんでくるようになり、リードしてくるようになりますし、全体としては和姦モノといっていいんじゃないかと思います。ほとんど恋人関係の延長みたいなノリです。
 美咲が来るのに備えて部屋中に匂いを充満させておくとか、彼女の方も『私のためにこんなことするなんて……』と悪くない反応を示してくれ、結果良い雰囲気になるとか、この作品以外ではないと思います。

 何度も行為を重ねていくうちに少しづつ快感を受け入れるようになっていき、淫乱さを増してだんだん素直になっていく様が丁寧に描かれていましたね、。ある種のツンデレな彼女が結構愛らしく、可愛らしく思えました。

 美咲以外のヒロインについてはサブヒロイン以上のものではなく、美咲と比べるとシーン数も少なめですね。
 清純っぽいのがいるにはいますが正味淫乱以外のヒロインはおらず、全員何かしらの性癖持ちではあるものの、シーン数の少なさから美咲ほどに各人のフェチを押し出せてはいないため、美咲以外目的でプレイするには弱いかなと。

 エンディングは美咲で調教・堕落・妊娠・恋人といった4種類のエンド、由貴、ありか、香織のエンドがひとつづつ、そしてハーレムエンドと、全8つ。
 コンプリートするのにランダムで発生するイベントを見る必要があるため、素直に攻略を見つつやるのがいいかと。それほど数があるわけじゃないですけど。

 気になったところとしては、日常シーンでのテキストが無理に笑いを取りに行っていることでしょうか。そこが少し鼻に付いたり。

≪グラフィック≫
 原画家は弐駆緒氏。去年出された『すぅぃーとはにー』、良かったですね。
 CGは全80枚、差分4〜20枚程度。

 汁気は当然ながら非常に多めですね。
 汗で濡れた体操服やユニフォームの布地から薄く透けて見える素肌、漏れ出る涎に愛液、周囲を包む蒸気、と。
 やり過ぎなくらいではありますが、テーマにするくらいならこれぐらい突き抜けてくれた方がいいと思いますので好印象。
 汗にまみれながら快感に蕩ける表情はかなりそそりました。
 
 不満点があるとすれば……女教師の頭と体のバランスが少しおかしく、いやにガタイが大きく見えることでしょうか。どう見ても他のヒロインと比べると浮いてるんですが。立ち絵以外のCGでは気にならないんですけど。

≪サウンド・ボイス≫
 ボーカル曲はなく、BGMは全13曲。
 概ね標準的な出来ですね。落ち着いたのと暗いのとありますが、極端に暗い、というほどでも。

 ボイスは安堂りゅう嬢、かわしまりの嬢、民安ともえ嬢と、皆さん上手く演技されてると思います。
 特に美咲役の安堂りゅう嬢の配役はベストマッチでしたね。タイトルの時点から彼女のボイスでタイトルを扇情的に言ってくれます。

≪システム≫
 フルインストールで1.8G、ディスクレス起動可。
 マリゴールド系列で使われているエンジンですね。特に不満を感じるようなことはなく、至って使いやすかったかと。

≪えちぃ≫
 イベントでのものと、美咲の4レベルの調教シーンに分かれています。
 シーン回想は全40シーン。内訳は美咲:18、由貴:6、ありか:6、香織:6、複数・ハーレム:4。

 シチュとしては自慰に愛撫、フェラ、パイズリ、各体位と、特に変わったものはないオーソドックスなものですね。ありかで犬散歩があった程度で。
 美咲のシーンが大半を占めており、その全てが汗の匂いがぷんぷんと匂ってくるようなものになっていますね。美咲以外のヒロインではいくらか薄めではありますが、それでも汁気は十分に。
 売りにもしているように主人公以外との絡みはありませんし、そこも個人的には好感触でした。

≪気に入ってるシーン≫
汗の染みた体操服を嗅いだまま自慰させられる美咲→うなじ・ブルマを嗅がれ、騎乗位/汗の匂いに興奮し、授業中にトイレで自慰する美咲/フェラしながら自慰する美咲→アナル後背位/犬スーツを着た美咲からのフェラ、正上位/スクール水着を着て、ツンデレ発揮する美咲との正上位/起こしに押しかけてきた美咲からのフェラ、側位/授業中、匂いに興奮した美咲にリードされての保健室での騎乗位/夜中、我慢できなくなった美咲から呼び出されての公園での立後背位/美咲調教エンド、匂いの虜になった美咲との背面座位/美咲堕落エンド、美咲にせがまれての騎乗位/美咲妊娠エンド、ボテ腹の美咲との騎乗位/由貴エンド、側位で何度も絶頂させられる由貴/拘束、ギャグを噛まされ後背位されたままアナルを弄られ、アナル挿入されるありか/調教を懇願するありかへの後背位/ありかエンド、露出水着を着て挿入されたまま公園を犬のように歩くありか/美咲・由貴からのWフェラ/美咲・ありかからのWフェラ→交互に挿入/美咲・由貴・ありかとの4P

≪総評≫
 汁気と匂いに特化した良質な和姦モノ。
 そういったのが好きであれば損はしないかと思います。ヒロインの美咲も可愛いですし。淫乱な女の子から迫られるシチュも良かったです。

 08/01/21


もどる