インフィ●ットストラトス
〜落ちこぼれによる復讐監禁陵辱劇〜


女尊男卑。

――今ではこれが、今の世の中の常識となった時代――

ISを操縦できる男が現われ、その常識は、再び揺らぐこととなる。
世界随一のパイロット養成機関であるこの学園には三人の男性操縦者が在籍している。
俺は、その三人目というわけだ。

だが、技能も伸び悩み、美形とも言えず、力量、外見共にパッとしない。
稀少さ故、はじめは持てはやされたが、俺は『不細工な落第生』という不本意な評価を下されて、
メディアからも見放された。

このまま、何も出来ずに終わるなんてことが許されるはずがない…。
いや俺自身が、認められるはずもない…。

生意気なクソ教師を叩き潰し、このどす黒い感情を悦びに変えるべく
膨大なリストの中から女たちを選ぶことにした。


≪シナリオ・プレイ感≫
 落ちこぼれとして蔑まれていた主人公が自分を馬鹿にしてきた女たちへと復讐するため凌辱していく話。
 ライターは炭酸水素氏。

 最近アニメ化もされて人気の出た『インフィニットストラトス』を題材とした凌辱モノですね。
 女性しか動かせない兵器を動かせる男性として注目されたものの落ちこぼれとして見下されていた主人公とその仲間たちが、力を得たことで自分たちを蔑んだ女たちに復讐するため凌辱していく、というのが主なシナリオ。
 これまでのセイバーフィッシュ作品と同様、オープニング以降はいくらかシーン間に状況描写が挟まれる以外は全てえちぃシーンで展開していくといった構成となっているため、シナリオ性は一切無いといっていいですね。一応IS乗り込んで戦闘する場面とかあるにはありますが速攻で流されますし。
 まあ、このサークルの作品はそういうものだと分かりきっていることですので特に気にすることでもないでしょう。というか今更路線変更されてシナリオ性高いのとか出されてもそれはそれで困りますし。
 今回のヒロインは千冬、シャル、セシリアの3人。私的にはシャル、セシリア、ラウラあたりかなーとか予想してたので、概ね希望通りでしたし特に不満は無かったですね。シャルとセシリア同時に出すと金髪が2人になりますし、ヒロインのバリエーション持たせるためにどちらかはハブかなと思ってたんですが。とりあえずなんでラウラがいないのかと小一時間。しかし、エロゲですらハブられるモッピーって……。



 作品のメインとなるえちぃシーンは過去のセイバーフィッシュ作品と同じく、全体的に多数の男達に囲まれて精液まみれにされながらの凌辱シチュに特化したものとなってますね。
 各ヒロイン毎の傾向としてはシャルと千冬は想い人&弟である原作主人公である一夏に危害を加えないことを盾にされ、セシリアは勝負に負けたその代償として凌辱されていくといった流れになっており、千冬とセシリアは多人数での乱交や輪姦、シャルは多人数で犯すのよりも寝取り要素に重点が置かれてます。千冬とセシリアは主人公に責められながら他の男達に奉仕させられ精液まみれにされてのものが多く、シャルについてはそういったのもあるものの、一夏への片思いを利用される形で責められるシチュが多かったように思いますね。
 いつも通りエンディングとなるシーン含めて各ヒロイン5シーンと少ないためかなり堕ちるのは早めなものの、最低限堕ちるまでの段階は描けていたと思いますし、それぞれのシチュも葉月の嗜好をくすぐるのが多かったので特に不満は無かったですね。

 個人的に好みだったのはシャルルート。大切な存在である相手に危害を加えられないためと凌辱を受け入れさせられ寝取られていく、といったシチュが楽しめましたね。
 原作主人公の側からもそう想われているわけではないので厳密には寝取りというにはあれかもですしエンディングでいきなり『もう彼のことなんてどうでもいい』と完堕ちした状態になっているのはやや寝取り的にどうよとは思いますが、ヒロインのそうした想いを踏み躙っていく、みたいなテイストは良く出てたんでないかと。

 とりあえず、テキストはいつも通り安定した質を保っており1つ1つのシーンの尺はそれなりにありますし、各ヒロインを担当する原画の方々の絵柄もセイバーフィッシュの塗りと併せてかなり好みだったこともあって楽しめました。コストパフォーマンスは高いですし、原作ヒロインが精液まみれにされて凌辱されるのに抵抗無ければ満足出来るかと思いますね。
 原作のある作品なのでその背景や設定などもいくらか描写はされるものの、葉月自身原作未見で同人誌(18禁)ぐらいの知識ですが楽しめたので特に原作を知らなくても問題はないでしょう。

≪グラフィック≫
 原画家はヒロイン毎にそれぞれシャルルはあおいまなぶ氏、セシリアは大原久太郎氏、千冬はめかぶ味MAX氏の3名。
 CGは全15枚。内訳は千冬:5、シャル:5、セシリア:5。差分は7〜11枚ほど。

 セイバーフィッシュの作品はテキストは基本安定した質を保っているため原画の質が評価を分けるポイントになりますが、今回の原画はどの方も概ね好みでしたし、塗りと併せて肉感や汁気も十分に出ていて良かったですね。

 個人的に良かった順に挙げると、シャル、千冬、セシリア、といったところ。
 特にシャル担当のあおいまなぶ氏は好みでしたね。ほどよく可愛らしくありながらむっちりとした肉感と艶っぽさを出していてと、凌辱モノの絵柄としては葉月的にはかなりストライク。
 しかしまあ、これで男装とか無理ありすぎにも程があんだろどう考えてもとwこの胸で男性で通せるとかどこの世界線ですか一体。

 ただ、セシリアの人は口元や瞳の描き方がちょっと粗っぽく感じましたね。口が大きくてやや上品なキャラには合っていなかった気が。特にシーン1と4。シーン2のくらいなら丁度良いんですけどね。
 悪いとまではいかないんですが、他2人と比べると正直見劣りする印象でした。

≪サウンド・ボイス≫
 ボーカル曲は無く、BGMは音楽鑑賞が無いので数不明。いつものことですが少なめですね。
 BGMは作品に合わせた暗い曲調のものがメイン。質としては普通といったところ。

 ボイスはこれまでと同じくありませんが、アニメ化されてますしそこは各自のイマジネーションで想像し創造しましょう。ちなみに一応バックグラウンドでの喘ぎ声はあったり。

≪システム≫
 フルインストールで143MB、ディスクレス起動可。
 プレイする上で必要なものは揃っていますし、システム的には特に問題ないですね。
 しかしそろそろリプレイの際に画面の隅で延々『REPLAY』の文字が回り続けるのはコンフィグでオンオフ設定出来るようになっても良いと思うんですが。

≪えちぃ≫
 シーン回想は全15シーン。内訳は千冬:5、シャルル:5、セシリア:5。

 シチュとしては全体を通してこれまでのセイバーフィッシュと同じく、主人公をはじめとした男達に囲まれながら犯され奉仕させられ精液まみれにされていく、といったシチュに特化したものとなってますね。セイバーフィッシュらしく、全身すみずみまでどろどろに汚されます。
 ヒロイン毎の傾向として千冬とセシリアは輪姦や複数の男たちに奉仕させられながらの乱交がメインとなっており、それと比べるとシャルは寝取り要素に重点が置かれているため主人公単独で犯したりするものが多めですね。

 プレイ内容はフェラ、手コキ、パイズリ、各種体位、アナル、輪姦といったところ。
 一応シャルにて実験動物による異種姦が1シーンありはしますが、基本的には上記の通り輪姦や乱交に特化したものとなっているため、あまり奇をてらったシチュなんかはないですね。輪姦やら乱交をオーソドックスと言っていいものかどうかはともかく。
 まあ5シーンとやれることが限られている以上はあまり手を伸ばして個々のシチュが薄くなられてもあれですし、それなら何かしらに特化した方が作品を特徴付ける意味でも良いと思いますので特に気にはなりませんでしたね。近くに他の生徒がいるという状況や片思いを利用されて、といったシチュエーションで違いを出しているため、それほどワンパターンとか感じることは無かったですし。

≪気に行ってるシーン≫
千冬
倒れた一夏を守るためと、男達に囲まれる中でのパイズリ奉仕を強制され、そのまま胸と顔を精液で汚されていく千冬→更にそのままフェラ奉仕をさせられ、それを眺める男たちにぶっかけられながら射精されていく千冬/休み時間のトイレの中に押し込まれ、他の生徒が近くにいる中未経験のアナルへと挿入され、初めての行為に痛みを感じながらもその行為に秘所を濡らされ抵抗しつつも絶頂させられていく千冬/何人もの男たちの手で服を剥ぎ取られながら全身に手を這わされ、まだ濡れていない秘所を犯された後、性感帯と化したアナルへと挿入され昂ぶらされながら秘所も同時に犯され絶頂させられていく千冬/エンディング、主人公とその仲間たちに囲まれ、未だ堕ちずに説得しようとしながらもアナルへと挿入され昂ぶらされ、そのまま秘所を他の男に犯されながら両手と口での奉仕を強制され、頭では抵抗しながらも身体は肉欲に屈服して全身を精液まみれにされながら絶頂させられていく千冬

シャルル

男達に囲まれる中押し倒されて両腕を拘束され、そのまま後ろから挿入されて処女を奪われ何度も中に出された後、更に他の男によって犯されていくシャル/脅迫により従順に振舞いながらの手コキ奉仕を強制され、顔中を精液で汚されていくシャル→そのままフェラ奉仕を強制され、出された精液を全て飲まされていくシャル/一夏の部屋のクローゼットの中に押し込まれて隙間から一夏と彼の連れてきた女が行為に耽る姿を見せられながら挿入され、片想いが実らないことに絶望しながらもその動きを真似されながらの挿入に想い人としている気分にさせられながら何度も中出しされて絶頂させられていくシャル/エンディング、完全に欲望に囚われ、何人もの男たちに囲まれるのに興奮しながら自分から嬉々として男を誘い、そのまま男たちに輪姦され快楽を貪っていくシャル

セシリア
敗北の代償として何人もの男たちの中押し倒され、横にされたまま挿入され処女を奪われ、男たちの精液で全身を汚されながら何度も膣内へと射精されていくセシリア/敗北した罰として服をはだけさせて主人公の前にひざまづかされ、汚れたままのものへとフェラ奉仕を強制させられ何度も口を犯されながら射精され顔中を精液で汚されていくセシリア/口では嫌がりながらも主人公たちからの命令に素直に従って壁に手を突いたまま自分から快感への期待に濡れる秘所を晒し、そのまま男たちに変わるがわる犯され精液で汚されながら絶頂させられていくセシリア/エンディング、主人公に牝犬扱いされアナルを指で弄られながら彼のものに従順にフェラ奉仕していき、そのまま他の男たちに後ろから秘所へと挿入され嬉々としてその快感を受け入れ全身を精液まみれにされながら絶頂していくセシリア

≪総評≫
 『インフィニット・ストラトス』を題材とした輪姦・乱交特化作品ですね。
 今回は原画も概ねかなり良かったですし、原作ヒロインが精液まみれにされながら凌辱されていくというシチュに抵抗無いのであればいつもながらコストパフォーマンスの面でも優れていますし損はしないかと思います。あとはラウラとかいればパーフェクトでした。

 11/08/19


感想・コメントなどありましたらどぞ。

ツイートする



もどる